ブログメニュー

カレンダー

<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

夏日

2019.05.05 Sunday


畑仕事まだやることがいっぱいだ。
午前中にトマトの雨囲いをした。雨囲いはトマトの味を濃くするだけじゃなくて、しっかり根を張り巡らせることが大事なのだそうだ、

確かに厳しい水利条件だと植物は水を求めて必死に根を張り巡らせる、そして丈夫なトマトが育っていく。


虫が入ったりしてみかんの木が枯れることがある、そのみかんは最後の年にものすごく甘くて美味しい実をたくさんつける、
そんな時最後のご奉公といって食べるのだが、

多分糖度の高い実をつけることで、子孫を残そうとする植物の知恵なのかもしれないと勝手に解釈してるが、あまり理屈をこねないで、大事に食べれば良いのだ。
枝豆の芽を確認したので、もうすぐだ。
落花生も発芽したようだから、楽しみが増えた。
去年もらった落花生20個ばかり取っておいた。

発芽するかどうか怪しかったがなんとか発芽しそうだ、
落花生も国産は値段が高くてなかなか口に入りにくい、

結構カロリー高そうだけど意外と体に良いそうだ、最も薬漬けの海外産は安いがチョット引いてしまう。


食べたいものは自分で作るに限る、青虫との戦いに勝てば口にすることができる。

今年は松本さんにもらったジャンボピーマンやら菊芋やら新しい取り組みが楽しみだ、

パクチーも植えてみた、好き嫌いあるが好きな人はたまらないようだ。

最もタイ料理なんてあまりやらないから、まずは料理の研究も必要だな。
昔タイへ仕事で出かけた時、屋台のそばが結構美味しかった。
独特の香りがクセになる。

草払い機が調子が悪い、月曜日に修理に出そう、もう10年ぐらい使ってるが、まだ元気に動く。

管理機のブレードを交換しないとダメかも、もうすり減ってしまった。

機械も購入時期が一緒だから壊れる時も一緒だな、

そういえばこの家ももう15年ぐらいになるからそろそろクーラーやら、設備関係がガタがきそうだ、

去年は風呂釜が壊れた、どうもコンピュータに交換のプログラムが埋め込まれているんじゃなかろうか、怖い世界だから何が起こっても不思議じゃない。

トイレもプログラムされていて、点検を強制的に受けさせられる。それもかなり高い出張点検料を取られる、許されることなのだろうかと疑問に思うことがある。
年金暮らしにはきつい出費が重なりそうだ。
緊縮財政発動だ。

嵐の様な

2019.05.04 Saturday


嵐のような連休前半が過ぎた、
三年ぶりに東京から息子家族がやってきた。

博多で食事ができなかったと言う連絡で急遽料理屋へ電話したがどこも予約でいっぱい、最後にちょっと高いけど、以前行ったことのあるお店に電話してなんとか3人分の席を確保、

ここらでは10時にはオーダーストップ、新幹線の到着が少し遅れ気味ということだったので気をもんでいたがなんとか9時半過ぎにはお店に入ることができた。

昨夜は近所に住んでいる義弟家族の孫まで集まって、大バーベキュー大会が始まった、もうしっちゃかめっちゃかで、8時過ぎには子供もいることなので切り上げた、

黒豚の肩ロース3kgもあっという間になくなった、焼き鳥やカルビなどを足してやっとしのいだが少し足りなかったかもしれないな。


いま我が家で取れる野菜は玉ねぎとレタスぐらいだが、ナスやピーマンも足して大騒ぎの4時間があっという間だった。

それにしても三月からずっと忙し過ぎて、
目の下はピクピクするし夜は寝られないしでカミさんも俺も、もう限界

皆が帰った後の静けさは、耳が全く聞こえなくなったようだ。

雉もお気に入りの陽だまりで砂風呂、静かな生活が戻ってきた。

来週は地域の運動会があるので、賞品のイチョウのまな板を作らなければいけない。
まだもう少し多忙な日々が続きそうだ。
朝はかなり厚着して散歩にいくが、昼間は30度近くなって、畑仕事も捗らない、トマトの雨囲いもやるつもりだったが、明日にした。

玉ねぎを抜いたがどうもあまりできが良くない。

まあ食べられれば良いか、出荷するわけではないので、多少形が悪くてもしようがないね、
娘一家と我が家の玉ねぎは来年一月ぐらいまで買わないで済む。

明後日あたりニンニクも収穫することにしよう。

国産無農薬ニンニクだから、これも来年まで頑張ってもらわないと。

来月ぐらいから夏野菜が収穫できる、あとは枝豆と今年は落花生に挑戦してみよう。

また平穏な農作業と工房生活が始まる。

良いことがあった

2019.04.30 Tuesday


ヒヨドリは相変わらず集団で来ては喧嘩しながらそれでも順番にさくらんぼを食べている、
一度に多くは食べられないらしく数個食べては誰かと交代だ。
いまは数が多いのでそれほど激しい喧嘩にはならないが、少なくなってくるともう大変な騒ぎだ、

人間の手の届くところは遠慮して残している、てっぺんから順番だ。

1日に孫が東京からやってくるのでそれまで残しておいて欲しいものだが、この調子じゃ微妙だな。


時代が変わる。平成から令和へ。 天皇陛下も少し寂しそうな様子だったが。

時代は変わっていく。
テレビで多くの人の意見を聞いていたが、
元号が変わると言うことで人々も変わりゆく時の流れをしっかり受け止めている様だ、そして一様に戦争のない平和な世界を願っている様だった。

平成は大きな地震が二回も起きた、しかし日本は大きな紛争にも巻き込まれず、しっかりと平和な時を過ごした、

お隣の国とは相変わらず諍いが絶えないが、次の時代もきっと平和が続くことを願うばかりだ。
静かに新しい時代を生き抜いていこう、
今日は嬉しいコメントがあった、もう随分ブログの更新がなされず時々覗いてはどうしたのかなーと思っていたsasanono
さん、お元気の様だ、なんと海外留学中だった。

凄いですね。

また楽しいブログが読める、多くのコメンテータも亡くなったり、音信不通になったり、と様々だが。

最近インスタグラムを始めたので、そちらでは新しい仲間達、勝手に仲間なんて言っているが、フォロワーの人たちとのやりとりが多い。

さて今日も1日冷たい雨、工房は寒いので屋根裏工房で型紙の切り抜きなどやっていた。



下手な絵を描いてカッターナイフで切り抜く、友人が欲しがっていた箸置きをいくつか作ろうと思っている、

昔作った小さなフレームも引っ張り出して、飾ってみた。
海外の切手を入れて飾るとちょっとした壁のアクセントになる、







生活空間にもっとアートが欲しい、日本ではあまりこんな小さなフレームを飾ることは少ないが、

昔スイスのレマン湖のほとりにある、レストランの壁にこんなのが飾ってあった。スイス領なのにそのレストランだけはイタリア領だと言っていたが、

いまもまだ健在だと良いのだが。

また頑張ってブログを続けよう、元気が出てきた。





疲れは取れたが

2019.04.29 Monday


昨夜は風呂上がりに焼酎のお湯割りをいつもより濃いめにして飲んだ。

早めに寝て朝までしっかり熟睡久し振りによく寝た。

おかげで疲れはすっかり取れた、1日何もしないと決めていたのに、やはり体が動き始める、全く性分と言うのかじっとしていられない。

先日もらったゴウヤの苗を植えて柱を立てた、雨がポツポツ、
急いでさくらんぼを少しとって義弟のところへ持っていく。
さくらんぼはちょうど食べごろに赤く熟れたところで朝からヒヨドリが集団でやってくる。





甘酸っぱくて今が一番美味しい。

雨も本格的に降り出したので、部屋の片付けをしていたがどうにも落ち着かない、本を読んでもちっとも頭に入らない。

もの作り病だな、

ここ数ヶ月の疲れで目の下がピクピクしていたのに一晩寝れば、もう何か始めたくなる、今日明日は雨でちょうどいいなと思ってたのだが、

明日からまた頼まれていたやつを一つづつ片付けて行こう。

昨日もお客様から頼まれたものがあり連休明けには、集落の運動会があるから賞品のまな板も作らなければならない。

しばらくはまだ仕事が切れることはなさそうだが、自分でやりたいことがなかなかできない。

やることがたくさんあるのは年寄りにはありがたいことなのだが。

新しく考えていることを頭の隅におきながら、しっかり働くことにしましょうか。


マルシェ

2019.04.28 Sunday


地域のマルシェが終わった、
限界、
看護師をしている姪っ子に目の下ピクピクしてるけど大丈夫と心配されてしまった。

美術工芸展から1週間で準備はきつい。何しろ木工作業は力仕事、以前から作りためてはいたが、 仕上げをして値札をつけて、昨日はセッティングに夕方から出かけてと、会社で残業している方がよっぽど楽だなー
最も年齢も考えないといけないが、
マルシェに参加している人は俺より20歳は確実に若いから、結構な作業だと思うのだが、皆楽しそうにやっている、
そうだよ、本来は楽しいイベントのはずなんだが、もうこの年じゃあかんな、








昔からマーケティングでイベントの企画を立て1週間ぐらいのイベントは何でもなかったのだが、
その頃から部下にはきつく申し渡して自分も実践してきたことで、会期中ブースでは絶対に座らない、物を食べない。など自分を戒めてきたことが癖になっているので、一日中立ちっぱなし、お昼はコンビニのおにぎり一個と決めているので、
かなりきつい。
海外のイベントでも平気でブースで食事しているのは大概お隣の国、
飲み物は溢れているしせっかくの展示品も価値が下がる。

お客様が楽しんでくれればという考えはもう古いのかもしれない、自分たちも一緒に楽しむ様な、イベント運営にしないといけないのかもしれない。

しかしおかげさまで作ったボードはほぼ完売、
モビールも思ったより関心が高いが、日本の家屋での楽しみ方を提案しないと難しい。
いっそアウトドアモビールとした方が面白いかもしれない。


モビールは子供が興味津々。

自分の財布から買ってくれた男の子念入りに、動物を選んで、
お母さんは子供に任せて、いたが、こんな家庭はきっと素敵な家庭なんだろうと思う。
お母さんに作りかたを教えたが、大丈夫だろうか。

料理をやっているお父さん、カッティングボードをご購入、遊びに来いといってくれた。
こういうお客様が一番嬉しい。

さて今夜はビールだ。

ピーク

2019.04.25 Thursday


いやはやこの数ヶ月なんと慌ただしいことだったか。

孫の入学式から始まって、美術工芸展、今週末は近所の公会堂でマルシェがある、
毎年それなりの収入もあるので、材料代の足しぐらいにはなるから、手は抜けない。
お客様の喜ぶ顔が見たくて参加しているのだが、
小さな子供が一緒にくっついてくるから、その子供たちの目をまず釘付けにすることから、チャンスは生まれる。
子供にせがまれればお母さん嫌とは言えない。
マーケティングに長年携わってきた自分にとっては、それなりの成果は挙げられる。
ただこれがメインになることだけは避けたい。
だから今のところこのマルシェだけに参加だ。
お母さんの目も肥えてきているから、ギミックはダメだ。価格設定も子供にせがまれて出せる範囲、他にも買いたいものがあるから合計このくらいという読みが大事だ、
他のお店を見ていると売れているお店とあまりお客さんが付いていないお店に分かれる。
価格、価値、話題性、そして一番大事なのは、可愛さだ。
インスタ映えといわれる世代、あ!可愛い。
という感覚が鋭い、仲間内での井戸端会議最近はこんな言葉死語になってしまったが、
電脳空間で、写真付きの井戸端会議が、花を咲かせている、まあ場所はどこでも結局は形を変えた井戸端会議にすぎない。
これが大事な口コミマーケティングだ。
さて今年は狙いがうまくいきますかな。
キーワードは連休、母の日、時代の節目といったところか。

定番のカッティングボードもこのキーワードを元に、冬バージョンとは少し形を変えて提案、

ミニマーケティングうまくいきますかね。

あと2日準備に忙しい。
連休は東京から息子と孫やってくる。
連休過ぎたら少しゆっくり休みたい。




旅立ち

2019.04.23 Tuesday


親友と連絡が取れ無くなってもう5日もたった。

息子さんの電話を聞いておくべきだったと悔やんでも、どうしようもない。
今日息子さんから連絡があって3日前に亡くなったということだった。
父親の強い言いつけで全て終わるまで連絡してはいけないと言われたそうだ、
最後に連絡しあったのが18日だったからわずか2日後だ、
イラストで令和と送ってきたが、意味は分からずじまいだった。

せめて令和の時代まで生き延びたいという願いだったのか、
病気が発覚してからショートメールで毎日の様に馬鹿話をして、気持ちを和らげていたのだが、残念な結果に終わった。
人は必ずこの瞬間を迎えるとわかっていても、やはりオロオロしてしまう。
一昨年わざわざ鹿児島まで来てくれたのに、健康診断は受けていた様だが、分からなかったらしい。
気付いた時はすでに手のつけられない状況だった。

今日は静かに冥福を祈る。

出水市美術工芸展

2019.04.21 Sunday


二日間の開催にみなさまの応援ありがとうございました。
21日午後5時無事終了いたしました。
昨年よりも多くのご来場ありがとうございました。
お茶の接待ボランティアでお疲れ様








作品のご紹介はまたおいおいするとして、
今年からつまみ絵、







押し花、石器制作など新しい仲間が増え会場も賑やかになりました、新しく参加した皆さんご苦労様でした。

またご近所の皆さんも多くきていただき、運動会の商品をだいぶ増やさなければならなくなりましたが、頑張って作ります。

恒例のマーブリングも盛況のうちにみなさん楽しんでました。


お花や受付も皆さんご苦労様でした。





夏休み親子陶芸教室の作品もみなさん楽しんでいました。





出水市在住の草の根美術工芸家1年間作りためた作品皆力作で、大きな美術館の巨匠の作品とはまた違う趣で、楽しい二日間を過ごすことができた。

飾らず気取らず、何とも楽しい作品展だ、
出水にはまだまだたくさんの人たちが、ものつくりを楽しんでおり、敷居が高くてちょっと参加できない作品展もあるがこの展示会は、何ともお茶の間展示会といった風情で素晴らしい展示会だと思う。

さてまた来年に向けて、新たな挑戦が始まる。

明朝片付けがあるが、今夜は一杯飲んでゆっくりしよう。



連絡が取れない

2019.04.17 Wednesday


病気療養中の友人と連絡が取れない、
虚しく響くコール音、数日前には連絡が取れたのに、心配だ。
田舎暮らしということはこういうリスクが伴うことだ、

電話やメールでどこにいても連絡が取れ距離はすごく近いと感じているが、いざという時のもどかしさは如何ともしがたい。
最初に入った会社、経営悪化で、大手電機メーカーに買収された頃、将来の不安を抱えながらも、一つにチームで頑張った仲間だ、
キャンプに出かけたりプロジェクチームで世界一に挑戦したりと思いは尽きない。
東京を離れ群馬の工場へ集約となり、仲間4人一緒に田舎の工場で設計の仕事をしていた、
その頃彼は蒲田にいた頃から付き合っていた女性と結婚、カミさんともなかのよかった彼女は社宅の我が家から結婚式に出かけた、
小さな教会で、知り合いは自分と少しの会社の仲間達だけであった。

近所のアパートに新居を構えカミさんたちは結構楽しくやっていた様だ。

そんな彼女も若くして重い病に倒れ看護の日々を送っていたが数年前先立たれてしまった。幸い子供は2人元気に育った様だったが、鹿児島の我が家に遊びにきてくれた彼も昨年重篤な病が発覚、療養中だったが、連絡が途切れてしまった。

何事もないことを祈るばかりだが、
此の所バタバタして少し疲れてしまった。

今週来週とイベントが続きそのあと東京から息子もやってくるという。
五月の連休が開けるまでは、休まることはなさそうだ。

カミさんも疲れているみたいだ。



令月

2019.04.15 Monday


久しぶりに窯に火を入れた。
意図した仕上がりとはちょっと違うイメージに仕上がったが、

これはこれで結構嬉しい仕上がりになった。

残雪が春の訪れに眩しい佇まいを見せるそんな風情だ。
こんなのができるとまた陶芸に意欲が湧いてくる。



令月と銘を入れよう。






こちらは冬のはじめ、寒々とした、雪の感じだ。







両方とも小さな壺である、高さ13cmほどだ、

今度の美術工芸展に出品する。

庭先の富が今年も綺麗に咲いた。









もっと刈り込んでもいいのかもしれない。ふじを育てたことがないのでどのくらい刈り込むのか見当がつかないが、結構強い花なのでツルをきちんと回して刈り込んでみよう、

週末は工芸展だ、お土産もかなりできた。
多くのお客様に喜んでもらえるといいのだが。



全[155]ページ中[2]ページ目