ブログメニュー

カレンダー

<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

災害

2018.09.06 Thursday


災害と幸いちょっとした間違いで全く違う意味になる。

昨日関西の友人に大丈夫かと声かけたところだったのに、
今日は北海道の古い友人にメールした。
ちょっとした気持ちの行き違いでもう10年くらい音信不通の友人だったが、

やはりこんな時は心配になる。

メルアドはどうやら変わったようで繋がらなかったが携帯にショートメール送ったら何とか繋がった。

無事なようで何よりだ。

まあまたこれから連絡することもないと思うが、古い友人はやはり大事だ。
生きてりゃそれだけで良い。

お互いがきじゃねーし、生き様も物の考え方も違って当たり前、それでも一度親友だと思ったやつはいつまで立っても心の中では変わらねーもんだ。

久し振りにいやんなるほどの蒸し暑さ。
午前中畑仕事したら、午後は何もしたくない。

カミさんの24時間心電図の返却に病院に出かけた。

中途半端な時間に工房へ行っても何も進まないからズル決め込んだ。

ズルついでに、久し振りに焼酎ガバガバ飲んだ。

まあこんなこともたまにはいいんじゃねーか。

日替わり美術館四日目はゴッホ。
ほんとこのフレームは楽しい。



今日は大根植えたから、明日は蕪をうえてみようか、

毎日少しずつだ。1日3回以上水浴びすると、脂っ気抜けて肌がカサカサになる。
蕪を植えたら明日は工房へ行こう。

台風一過

2018.09.05 Wednesday



カミさん人間ドック、毎年出水市の高齢者は半額補助を受けて人間ドックが受けられる、

俺は12月、今年は脳ドック、胃の検査か脳ドックか選べるから一年おきに変えて受ける、今までは何事のなく過ごしてきたが、そろそろなんかあってもおかしくない。
そんときゃそん時で、いまはおまけのようなもんだから、ゆっくり構えていこう、
と言ったって、何か起こればただオロオロして我を失うことは容易に想像できる。
カミさん出かけた間にネギを植え小松菜を撒いた、

苗作りは白菜、ブロッコリー、カンランこれで6種類ぐらいの苗作りが終わった。一月ぐらい育てて植え替える。
その間にゆっくり畝を立てる、寄る年波には勝てず、ボチボチだ。

カミさんの送り迎えやら何やら午前中の畑仕事で終わってしまった。

涼しい風が吹いていたが、終わってみれば汗だくで、今日も三回水浴び。

オルセー美術館三日目は、ルソー

ルソーも一見くらい絵だけれど、結構味のある絵だ。



けんちゃん親子が今日も我が家をゆっくり散歩子供も結構大きくなった。

男の子もいるようだが、お父さんか子供かもう見分けがつかない。





さて明日は何か仕事を始めよう。

週末は雨模様、そろそろ秋雨前線の動きが気になる、コメも後1ヶ月とちょっと。

これから風台風がくるとちょっと怖い。

各地で大荒れ

2018.09.04 Tuesday


台風21号は各地で大荒れ、まだ気を抜かないで、もうちょっとの辛抱。

鹿児島はわずかに逸れて朝方はかなり涼しい風が吹いていた。反時計回りだから北風
昼前ちょっと雨が降った程度だった。
午前中レタス、サンチュ、サラダ菜のタネをまいて苗を作る、畑の隅っこを綺麗に整地して、タネを直播。
以前はポットに作っていたのだが、水管理が難しいので、最近は畑に直接まいて居る。
1日一回水をまいて少し大きく育ったら植え替える。

明日はキャベツや白菜のタネを巻く。
少し遅くなったが人参のタネも撒いた、
こちらは植え替えるわけにはいかないので、畝を作って撒いた。昼前少し雨が降ったので、タイミングばっちりだ。

午後は工房でコソコソ遊ぶ、

少しアートっぽい奴を作ることにした。
オルセー美術館二日目はゴーギャン。


色々楽しめる。

近畿地方は大変そうだ。最近台風の現場中継が安全な場所で行うようになったらしい。

以前はカッパ着て危険な状態のアナウンサーを映すことでリアル感を演出してたようだったが、あれほど馬鹿げた中継はない。

事故にでもあったら、間違いなく放送局の犯罪だ。

事故に会うことが十分に予測できていながら、やらせた罪は社長の首が飛びかかねない。

そんなことにやっと気がついたようだ。
アナウンサーだって家族もいれば子供もいるだろう、馬鹿なことはやらないことだ。

涼しくなった

2018.09.02 Sunday


涼しくなったと感じて、午前中は畑を耕した、苦土石灰を撒いて耕運機で耕す、
ついでに芋の根を抜いた。やっぱりいると思ったんだよな長虫、カラスヘビがすすーッと逃げていった。

嫌われ芋があちこちの根っこに付いている。これを全部抜いて、本妻の息子だけ育てることにした。

しかしこの作業思ったより疲れる、何しろ雨が降らなかったので根っこがしっかり地面を掴んで離さない。
芋も大変だ水を求めて地中深くどこまでも頑張る。

しっかり根を抜いたところで休憩、やっぱまだ、めっちゃ暑いぜよ。

あらかた耕したので作業終了、

水浴びて昼寝だ。

まだ少し時間があったので、パン屋に固いパンを買いに出かけた。

ここらでは固いパンを売ってる店は一軒だけだ。それも長時間熟成なので土曜日だけ、もう無いかなと思っていたがまだ少し残ってた。

ついでにサンドイッチも買って今日の昼はカミさんとサンドイッチランチ。

レトルトカレーをスープ仕立てにして簡単昼食。

日替わりフレームは今日からオルセー美術館になった。



こうやって楽しむと美術雑誌も結構楽しい。

こうでもしなけりゃ、ほとんど本棚に眠ったままだ。

さて秋の気配濃厚なので、また数学の本を再開だ。
オイラーの贈り物を再開しないと間に合わない、何に間に合わないかって、
生きてる間にこれだけは読破しておきたいと、自分に約束したからだ、

もう少ししたらハルトが教えてくれるかもしれないが、独破、したい。

数学が苦手だったが、これ読破出来たら良いことにしよう。

それで何か役に立つのかって言われそうだが、自己満足という宝物が手に入る。

2018.09.01 Saturday


夜半過ぎから雨音が激しく窓を叩いている、
午前中いっぱい降っていた。

やっと田んぼも生き返った。草も一斉に伸びた。
工房のパーツ類を整理した、秋の製作の準備
しばらくはゆっくり物作りに没頭できそうだ。

午後は日がさして来たが、温度はそれほど上がらず、思い切って草払い、朝伸びた雑草にはかわいそうだが、
これも田舎の生活には欠かせない。

シャワーしてハルの散歩に出かけたが、帰って来てまた汗びっしょりだ。
もう一度水かぶって、やっと落ち着いた。

日替わりフレームは今日からピカソ、


中に入ってる月刊誌のページをめくれば、日替わりで絵が楽しめる。
毎日アートに囲まれて生活するのもいいもんだ。

夏休み親子陶芸教室のお母さんからブログにコメントを頂いた。

そーまのははさんありがとうございます。楽しかったとのこと良かったです。
お父さんも焼酎がさぞ美味しかったことでしょう、

また何か機会があったら、陶芸やりましょう。

そうまくん夏休みも終わりこれから二学期楽しくやってください。

工房で

2018.08.30 Thursday


午前中クーラーや扇風機をつけずに工房で仕事した。
矢張り10時過ぎると暑くなって来たが、
秋はもうすぐそこまで来てるようだ。

いくつか頼まれ仕事、カッティングボードやフレームなど、すでにつくり方も出来上がりも、紹介済みの作品ばかりなので、サクサクとこなす。


空が高くなり入道雲がもくもく、とあちこちに成長している、案の定いきなり雨が降り始めた。

瞬間的に降ってさっと上がる。こんな雨が何回か繰り返し、やがて秋雨前線が南下してくれば、すぐ秋だ。

あちこちの畑で準備が始まった、明日は苦土石灰をまいておこう。

石灰撒いて堆肥を入れて1週間ほどしてから種まきだ。

野菜が高いので少し葉物を撒こうか。今は最後のナスとオクラがちょぼちょぼ、
さつまいもの根っこを少し整理しないとつるぼけになる。

根っこが途中で地面に根を張り始めるとそこに芋を作ってしまう。

その芋は食べるほど成長しないのに栄養分だけは吸収するので、そんな根っこは抜いてしまう。

葉っぱは空気中の窒素を吸収するために必要なので、生かしておく。あとひと月もすれば収穫だ。


また台風が来てるようだ、今年は台風の当たり年だ。

来月は福岡へ出かける、個展と昔の会社の社長と会食。


数日違いだが両方とも外せない。

フレーム

2018.08.29 Wednesday


先日鹿児島市立美術館のミュシャ展を見た時ポスターの縮小レプリカを買ってきた。
四季

実物は人の原寸大だから1、8mぐらいの縦長の絵だが、縦25cmぐらいの縮小版だ



さて飾ってみようと思ったが適当なフレームがないので、作ってしまった。





早速入れて見た。
美術展で見たフレームを思い出して、上部は丸く作った。
昔オーストリアを旅行した時多くの宗教画がこんなフレームに入っていたような記憶がある、

まあこのフレームだと他に入れる絵はないから、ミュシャ専用と言ったところか。
早速入れて飾って見た。











小さなレプリカだが、これはこれで結構楽しい。

企画展のお土産に、本やポストカードなど買い求めて、ずいぶんたまっているので、
これからフレームをいっぱい作って、飾ってみよう。

小さな思い出だが、その時の雰囲気が結構思い出せる、一枚200円ぐらいのポストカードでも、美術館にいるようだ。

今日は午前中腎臓の定期検診2年ぐらい前感染症で腎臓をやられた時からの定期検診、
その後何事もなく、血糖値もコレステロールも無事収まっている、先生もいろいろアドバイスしてくれるから主治医みたいなもんだ。

今度は12月、人間ドックの時にまた検診してもらうことにした。

問題は体重だけだ10kg痩せたい、チャレンジしようか。
10kg落とせば足底骨の痛みもかなり改善が期待できる。


静かに制作

2018.08.27 Monday


暑さで集中力が落ちている。頭の中の空間イメージが図面に落とせない。

つまらないミス、物ができて仕舞えば、当たり前のことが頭の中で平面図に落とそうと思うと、混乱してうまくいかない。

年のせいだと思いたくないのだが、図面通り作って組み立てると勘違い続出。

昨日からしんどい仕事していた。

明日はなんとか完成できそうだが、桃ねーさんのフレームやら、

頼まれ物のカッティングボードもまだ手がついていない。

気分転換に重装備で午前中畑に管理機を入れた、

そろそろ秋野菜の準備だ。

太平洋高気圧居座りますなー、埼玉じゃまだ39度だと言うし。

昔熱帯夜なんて言葉があったが、今や死語だな、

うだるような熱帯夜がもう三日も続いている、なんてニュースやってたが、

梅雨明けからこっちずっと熱帯夜だ、
昨夜は寝室30度だったが、湿度が39%しかなくて何とか寝られたが、やはり3時過ぎ目が覚めた、

慌ててクーラー全開にしてしのいだ。
30度の寝室ではやはり寝られない。

今夜もまた暑そうだ。

呼ばれた

2018.08.25 Saturday


風呂から上がって二階でゆっくり本を読んでいたら、階下でピピーピピーピピー、
電気釜が叫んでいるご飯が炊けたから、混ぜろ!混ぜろ混ぜろ!


電気釜に呼びつけられた。
最近こいうことが多くなったな、本屋で本を探していたら、ブーブーブー、何事かと思ったら、電車に間に合わないからもう帰れ、

昔はせいぜい目覚し時計ぐらいだったが、
何から何まで機械に指示されているようだ。

そんだけ進歩したなら飯ぐらい混ぜろよ!

アマゾンはそろそろこんなもの欲しくなる時期じゃね!

なんて勝手に物買えって叫んでるし、なんか病気でもしたら、そろそろ準備したほうがいいよ。なんて呟くかもしれんな、
うるせー!っつうの。

人間はどこに向かってるんだ、印象派やキュビスム、絵画の世界ではいろんな歴史があって、現代から振り返れば、その瞬間は大変な抵抗もあったのだろうが。
いま人間が機械に支配されつつあることにささやかに抵抗してるのは俺だけか。
便利さと引き換えに、美味しいおこげは食べられなくなった。

工場でレタスが生産されるようになったが、レタスもまだ野菜の範疇か疑問に思うようになって来た。

我が家は当分土で育てた野菜を食べることにしよう。

ミュシャ展

2018.08.24 Friday



ミュシャ展を見てきた。鹿児島市立美術館、



ミュシャにはあまり深い憧憬はなかったが、思うのと現実とはかくも違うものか。
繊細な細密画的な手法でありながら、何とも叙情豊かな絵だ。
魅せられてしまった。

アール・ヌーヴォーに多大な影響を与えたと言われるだけのことはあるな、一見同じような女性像だが、その表情は一枚一枚異なる。
ビール広告の女性はよくみると目の周りがほんのり赤い、
有名な四季の絵でも女性の表情が季節を表すように描かれている、





そのどれもが花に埋れた美しい女性像がえがかれている中で、たった一枚 ロシアの復興 という1922年の作品では悲しい顔をした女性と傷ついた鳩が描かれていた。
多くの美しい女性像と全く異なる絵に少し驚いた。



この絵の前で暫く解説を見ながら佇んでいたら、学芸員らしき女性が詳しく解説してくれた。

久し振りに、美術館へ足を運んだが、やはり素晴らしい作品だった。あまり偏見を持たず、多くの作品に接するようにしよう。

小学生が何人かグループで、見学に訪れていたが、ゆっくりみることができてよかった。

これが東京や、有名美術館ではこうゆっくりとみることはできないな、

海外の美術館もどこへ言ってもゆっくりみることができる、絵は地方美術館に限るね。

昼過ぎたので、帰ろうと思ったが土砂降りの雨と雷、

美術館で少し雨の落ち着くのを待って、タクシーで鰻の末吉に行った。

鹿児島でも100年続いた老舗、隣に海外の観光客、拙い英語で話しかけて見たら、中国は広州から来た親子3人、日本が気に入ってもう5回も来日しているそうだ。

自分が知っている中国人とはちょっとイメージが違い、かなりセンスの良い家族づれだ。

経済的に余裕がるのだろう、礼儀正しいし中国人に対するイメージがちょっと変わって来た。

こういう人たちが増えれば一部の日本人の中国人に対する偏見は無くなるだろう。

でも考えてみればお互い母国語でなく話ができるということも素晴らしいことだ。

英語もっと勉強しなけりゃダメだな。

全[140]ページ中[2]ページ目