ブログメニュー

カレンダー

<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

作品作りが始まった

2020.09.20 Sunday


今日は近所の小学校で運動会、だいぶ制限があって、家族以外の見学はできない。
あまり声援してはいけない様でいつもの大きな声が聞こえないのは寂しい限りだが、
マイクを通した先生の声は相変わらず。
都会ではうるさいからと高い塀を作ったり、幼稚園の建設反対運動が起こったりと田舎暮らしの我々からは信じられない様な、ことが起こっているが、
田舎では昨年まで皆家族が弁当を作って応援に出掛けたものだ。

やはり運動会の声が聞こえないと季節の風物がなくなった様な寂しい気持ちになる。
もうすぐ米の収穫だが、日本には自然界の季節の移り変わりと共に人々の生活も変わっていく、暖冷房が完備して一年中一定の環境の中で暮らしているとわからないだろうが、
昨日は夏のタオルケットではクシャミが出るほど寒かった。
今日から薄がけ布団が必要だ。

衣替えや生活を秋バージョンにしないといけない。

さて昨日からまた工房で仕事を始めた。今日は久しぶりにプレナーで木作り半日汗をかいた。
桜の薄板を作った。薄板は一般的には手に入れることが難しい。
建築用の厚板を削るときに調整で10mm位の薄板が時々できる。
これを買ってくるのだが、厚みが均一でなく、結構大変な作業をする、
良い部分だけ削り出して8mmとか6mmの板を作る
ゆっくり0、5mmぐらいずつ削っていく。
こんな板ができると制作意欲が湧いてくるから不思議だ。

来年の雨や暑い夏まで工房作業が続く。
今年はと陶芸も復活することにした、
野菜作りはそこそこにしとこう。

コメント