ブログメニュー

カレンダー

<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

恐怖の時間は過ぎ去った

2020.09.07 Monday


生まれて初めて避難所に入った。

2日前ぐらいから、台風対策準備に入った、コンクリートアンカーを打ち込んで家の周りにあるクーラーの室外機を固定した。
コンクリート製枕木に乗せてあるので通常の風ではびくともしないのだが、昨年娘の家の室外機が、5mぐらい飛ばされて壊れた、
我が家でも犬走に4台二階の屋根に一台計5台の室外機がある。

コンクリートドリルで10mmの穴を開けアンカーを打ち込む。
小さなハンマードリルでやるのでこれが結構大変、娘の家の分もやったので1日仕事だった。

水を浴びた様に汗をかいての仕事これだけで1日かかった。
ガラスに養生テープを貼りシャッターの隙間に風圧防止の板を作ってはめ込む。
昨年の強風で二階のシャッターは脆くも外れてしまった。
シャッターとガラス窓との間が60mmぐらいある構造なので真ん中を強い風が押すと外れてしまうことがわかった。
そこで内側に60mmの木材を挟み込んで、風で押されてもシャッターがそらない様にした、
大きな店舗用シャッターにも同じような構造物が付属している。

庭木の無駄な枝は払い、ヒョロヒョロした木は根本から伐採、
枝や木は纏めて飛ばない様にして、柿木などには太い竹を抱かせて強度を増してやる、
畑のビニールハウスは撤去、
そういう仕事を3日も続けていると何かだんだん怖さが増してきた。

こちらに住んでいる人たちが一様に対策を講じる姿を見ているうちにただ事では無さそうだと感じ始めた、
義弟も窓を合板で塞ぎ、初めてだが避難所に入ると言ってきた。
前の日までは鉄筋の倉庫に避難しようかと話していたけれど、
地方に住む子供達から、避難せよとの強硬なメールが飛び交って、避難することにした様だ。
我が家も犬がいなければ避難を決断したけれど、何しろ、ワンコも何か異常を察して不安げに見つめている、
動物は勘がいいから、わかるのだろう。
カミさんも俺がいかなければいかないと言うし。
そこで避難を決意したのだが、かみさんは小学校の体育館、俺は避難所駐車場の車で過ごすことにした、
もちろんワンコと一緒だ。
午前0時ごろから3時過ぎまで。猛烈な雨と揺れる車でまんじりともしなかった。
クーラーの温度を27度にしてエンジンをかけっぱなし。
それでも30分ぐらいすると風が直接当たっている足や腕などが冷たくて、エンジンを切るがすぐ30度ぐらいに上がる。
どうもハルは27度以上になると寝られないらしく、
盛んにクーラーつけろと催促する、
おかげで30分おきぐらいにエンジンかけたり切ったり、
朝まで続いた、前日の2時から避難したので朝の6時まで連続16時間流石にまいった。
時々体育館へ出かけて足を伸ばしたりしたが、
春は後部窓からジッとこちらを見つめているのですぐ車に戻る、

朝家に帰ってみればどこも異常はなく一安心、

ハルを散歩に連れ出しトイレを済ませて、ベッドに転がり込んだ。
夕方まで爆睡。 夏場はシャワーで過ごすのだが今日は風呂にした、かみさんも思いは同じで、久しぶりに熱い湯にしっかり浸かって硬直した体をゆっくりほぐした。

怖かった。これから毎年続くのだろうか?




コメント

Posted by: mitch2020/09/08 6:40 PM
お疲れさまでした。
どうやら被害はなかったようで何よりでした。
自分のBLOGを見に来てくださる福岡の方はサトイモが根っこからなぎ倒されたそう。
貴田圃や農作物に被害はありませんでしたか?