ブログメニュー

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

雨が続いてる

2020.07.06 Monday


昨夜もずっと雨が降り続いていた。目が覚めるほどの雨脚の音、レーダーを見れば昨日より南側が黄色から赤に染まっている、

ちょっとやばい。

数年前の洪水で下流の川幅をずいぶん広げたので、少しは良いと思うのだが。
我が家の田んぼのあたりはまだ狭い。

熊本の方は大変だ、ここは県境だから、熊本の芦北とはほんの数キロしか離れていない。

地震の時も酷かった。熊本はここ数年災難続きだ。



土手の手前が我が家の田んぼ今朝の姿だ
なんとか持ち堪えているが土手まであと50cmぐらいだ。

昨日は土手を少し超えていたようだ。
ここでも川幅は30mぐらいあるのだが、
いつもは土手の上から川面まで10mぐらい下なのだが。

今は濁流が見えている。

見ているところが少し高台なので濁流が見えているが、まだ50cmから1mぐらいは余裕がありそうだ。
午後から夜にかけてまだ降りそうだから油断はできない、油断できないが対応もできない。

なるようにしかならない。


梅雨前線は北によったり南に下がったり、その度に頭上を通過する、

昨日は多くの友人から激励の電話やらメール、またブログにもコメントをいただいた。
ご心配おかけしてますが、今の所命の危険はなさそうだ。

田んぼには危険で近づけないが、稲の生命力を信じて、静観しています。

皆さんの温かい言葉に元気をもらいました。
ありがとうございます。

鹿児島市内では、オカマバーに出入りした客からコロナのクラスターが発生、鹿児島は優等生だったのに一挙に崩壊、
最悪の状態が続いている、

この時期なんでと思うが、若い人は重症化しないと言う情報に、少し気が緩んでいるのではないだろうか?

老人はコロナ運搬車の増大に恐怖のどん底に引き摺り下ろされている、

確かにもう半年も自粛生活が続いているので、ある程度の開放は仕方ないと思うのだが、

世界はまだchaosの深淵を彷徨っている状態だ、イタリアではまたロックダウンを宣言しているところもあり、本当にこれで良いのだろうか、


東京都はどう見ても第二波の山が見えてるような気がするのだが、

結局自己防衛に頼ることしか手はなさそうだ。

九州新幹線はまだ止まったままだ。
孫は今日もまた自宅で勉強を余儀無くされている。

阿部さんもほとんど顔を見せないし、
誰も何も見通せないと言うことか?

全ての人間に抗体ができるまで、淘汰粛清が終わるのを待つと言う神の審判だろうか。
ミチさんチコさんsasanono さんコメントありがとうございました。

コメント

Posted by: mitch2020/07/06 6:34 PM
写真に見えている川は上鯖渕を流れる米ノ津川の支流でしょうか?
茶色い濁流の水位が上がっても手も足も出ない ・・・ 本当に歯がゆいですね。