ブログメニュー

カレンダー

<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

シルバーハラスメント

2020.06.23 Tuesday


老人はひがみっぽくてかなわん、もちろん老人は自分のことだけれど、

何かイベントがある時、人は老人を慮って、仕事をさせないように配慮してくれるものだ。 それはそれで大変ありがたい事だと思うのだけれど、
最近は、幼い時からの栄養の良い食事や平和な環境のおかげで、年齢の割に肉体的には老人になりきれない、所謂、高齢者と言われる人が多いように思う。

ここで区分をするのはおかしいけれど老人と高齢者はチョット違うのである。
私流に区分すれば、老人とは杖をつき誰かの助けなしには移動もままならないような人たちであって、言っておくが決してそういう人たちを蔑んでるのでは無い。
元気な高齢者は今でも1日平均1万歩ぐらいは歩いて、朝は普通に早起きし三度の食事も自分で食べ、たまには自分で好きなものを作り、食事の後片付けもたまにはやているような人のことである、
かく言う私も朝から昼までは畑や趣味の工房での作業など一日中ごちゃごちゃ働いている。
むしろ現役の頃会社の机に座って仕事してる時よりよっぽど忙しい時があるのだ。
まあそれでも最近はすぐ疲れて、チョット休憩が多くなっているのだが、

そんな高齢者が一番悲しい思いをする言葉が。

もう皆と一緒にやらなくていいよ。
疲れるから参加しなくていいよ。
と言う言葉だ。

これは胸の奥深くまでずぶずぶと赤錆びたナイフを突き刺されグリグリされる様な心の痛みを感じる。
最初は絶望感を伴った悲しさが体全体に行き渡り、
そして次にその絶望感と悲しみは怒りへと変化していくのである。

最近高齢者の犯罪が増えているようだが、なんとなく気持ちがよくわかる、きっと何かやるせないどこへもぶつけようの無い怒りが爆発したのでは無いかと思う。
少年犯罪は犯罪者がずっと背負っていかなければならないから、場合によってはかなり辛い罰を受けることになるが。
高齢者の場合は罪を背負って行く時間が短い、これは高齢者の犯罪心理としてはどうでもいいやと行った厭世観を伴うのでは無いかと思う。

私は昔から怒りは言葉として吐き出したら、二十四時間以上は引きずらないようにしてきたので、その瞬間に爆発しない限り犯罪には結びつかないと思うが。
老人は自分のやれる事は自分である程度わかっていて、疲れれば適度にサボるので、本音を言えば普通に扱ってもらえることが一番楽なのである。

最近は自分はこうやった方が楽だしうまく行くのにと思っても黙ってナスがままにしておくことに徹している、
ついつい口出しして鬱陶しく思われればこれはもう参加を拒否されても致し方ないのだ。

さてさてめんどくさい老人が増えたものだ。
ここにも1人元気な高齢者がいるから周りも苦労するのだろうな。
昨日は12700歩、
今日は10890歩だった。足が少し痛いので、
風呂入ってビール飲んで嫌な事は忘れちゃおう。


コメント