ブログメニュー

カレンダー

<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

焦り

2020.03.19 Thursday


マスクや消毒薬、はてはトイレットペーパーまで品薄になる、

当たり前のことだが、これは危機に対する人間の本能と焦りだ。

トイレットペーパーなど、ほとんどが国産であるから品薄になることなどあり得ない。

まして今は海外から入国する観光客の激減などホテルの備蓄も増やす必要がない、
マスクについて言えば確かに初期段階でマスク着用でリスク回避の報道が多かったこともあって、

品薄になることはある程度やむを得ない面もある。

しかしどう見ても異常な現象だが、
人は危険を感じれば焦る、

この焦りが人より勝つことにつながって少しでも人より多くの物資を蓄えることに走るのだと思う、

3月の初め北海道が異常事態になりそうだったので、古い友人に手持ちのマスクを半分ほど送った。

この友人とはちょっとした諍いで絶縁状態だったのだが、

残念ながら以前の住所から引っ越してしまったようで、マスクは帰ってきてしまった、

今となってはこの帰ってきたマスクで何とか凌いでいるのだから、何か複雑な気持ちだ。


海外特にお隣の国から見れば日本の対応は実にいい加減と移っているようだが、
全てのデータは各国に比べ酷い状況ではない、

結果論かもしれないが、見つけ出し、病院が対応不能になるより良いのではないかと思える、


最初から様子を見てある程度の基準以内であれば自宅待機と指示されていた。

こう言う場合多くの日本人はかなり忠実に守る。

確かに一部おかしい人もいたけれど多くは、移動を控え混雑する場所には出かけないように心がけた。

自分も鹿児島市内と太宰府で見たい絵画展があったが、我慢した。

買い物も比較的人の少ない時間帯を選んであらかじめカミさんと何を買うか決め打ちをしたから、

短時間で済んだ。
落ち着いて行動することが大事だと痛感した。

使ったマスクは消毒液を入れたジップロックにしまって使い続けることにした、
使う時はチョット前から出しておかないと車の運転はできないけど。10分も運転して目的地に着く頃はアルコールも蒸発している。


話は変わるが、若い頃と言っても40過ぎた頃、いろんなことで焦っていた頃がある、
技術者として世の中の進歩についていけなくなることについての焦りだ。


アナログのオーディオ技術者だった頃、デジタル化の波が押し寄せてきた。
この頃は焦った。そんなときある先輩にアドバイスされた一言が、

その後の自分の人生を変えた。

必死にデジタル技術を勉強し始めた時、その先輩はこう言った。

いまの延長線上に栄光を求めるな、まったく違うことを勉強してみろと言うことだった、

そうすれば現在の仕事と切り離せるから、焦らず勉強できるということだった。

正直怖かった。
それも一番自分に合わないと思うことを勉強してみれば、全く新しい世界が見えてくる、それは個人の幅を広げることになるというものだった。

そこで選んだことが技術とは全く違うマーケティングという分野だった。

いかにデジタル技術を駆使した商品でも、どうやって顧客に届けるか、
デジタル技術はメーカー間の差別化がなくなり売る力が、勝敗を決める世の中だ。


世界でウォークマンと言えばSonyが当たり前だったが、あっさりiPodに逆転されてしまった。

今やデジタル音源はどこの製品を見ても遜色ない。

マーケティングではあまり成果は出せなかったが、結構楽しかった。

定年退職を目前にした時も焦ったが、電機関連をあっさりやめてアパレル業界に入った。
ここでマーケティングが役に立った。

なれた仕事の延長線には成功の女神は現れない。

新しい分野をゆっくり勉強すれば焦らず良い勉強ができる、
40歳なら、これから10年勉強すれば本物が見える、重ねてきたキャリアにかぶせてみれば結構楽しい未来が待っているかもしれない。

焦るな、40歳なんて人生の半分にも満たない。たっぷり時間かけて新しいことを学べ。

いつかきっと役に立つ。

50歳になったら飲み屋の女将になるなんてのもいいんじゃないかな、

俺はチョット顔出せそうにないが。

友へ

コメント