ブログメニュー

カレンダー

<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

同窓会

2020.02.22 Saturday


3月の末に東京で中学校の同窓会がある。
今年は節目でもあるし是非参加したいと思っていたのだが、

ちと腰が重い。何しろ新型コロナウイルスの勢いが止まらない。

皆と会う危険もさることながら、移動の飛行機が一番危ない。

中国からの入国者は極端に減っているものの人口比率から見れば韓国が一番危険だ。

もちろん日本もクルーズ船の乗客が下船しているので、今は陰性とはいえこのウイルスの動きはよくわからない。

たまたま韓国は日本に行くなの大号令のもと通常でも少なかったからまだ良いのだが、
日本側はいつでもどうぞの態勢だから厄介だ。

屋形船じゃ無いけれど老人が飲み屋に集まってワイワイすれば危険この上ない。
マスクして酒飲めんし。だいいちマスクが手に入らない。

今朝も近くのドラッグストアには早朝から長蛇の列だ。

自宅に多少保存してあったマスクもう数年前に買ったやつも含めて棚卸してみたが、
孫の通学の分考えれば、あまり余裕はない。
そろそろ花粉症の時期とも重なる、こっちはパタパタして1週間ぐらい使いまわしてるけど。

あまり効いてないだろうなんて言ってらんない。
まあ花粉じゃ死なないからせいぜいハンカチで鼻かむぐらいだ。

オリンピックも怪しいなんて声も出始めているが、
九州も、福岡に次いで隣の熊本までやってきた。

アメリカではインフルエンザで14000人も死んでいると言うが、ニュースにもならない、
こちらは対症療法が確立していることで皆あまり心配してないようだが。

世界の一流國でも、底辺の未保険者は、風邪ぐらいで病院には行かないためだろうと勝手に推測してる。

日本では高齢者にはインフルエンザの予防注射がしっかり行われる。

もちろん有料だけど。
国が違えば考え方も違ってくる。

さてクルーズ船の対応について批判する人が出てきたが、最初にどう対応すべきか誰にも分からなかった。

もしそのまま全員の下船を許可したら今何が起こっていたか、想像もできない。

感染が疑われるのに無防備に下船させたと世界中から非難されたことだろう。
結果論で文句言う奴はいつの世にもいるけれど、今はこの災難を学んで行かなければならない時だ。

韓国では新興宗教で大量感染者が出たようだが、

とりあえずジッとしてるしか方法はなさそうだ。


可哀想なのは、医者や看護師に死亡者や感染者が見られることだ。

彼らはどうしても濃厚接触を避けられない。
中国では英雄扱いと言うが、英雄にならなくても良いからとにかく死なないで欲しいと願うばかりだ。

あまり話題にならないが、自衛隊員も濃厚接触を余儀なくされる。
業務に携わる人には頭が下がる。
東京の友人に注意しろよと言ったけど、マスク売ってないし、どうしようもないと言ってた、
精精栄養のあるもの食べて、全体的な抵抗力をつけておくしか方法はなさそうだ。

不要不急の田舎の老人はじっと息を潜めて、感染しないようにするしかない。
感染しない事が、唯一できる社会貢献だ。

コメント