ブログメニュー

カレンダー

<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

コロナウイルス

2020.02.02 Sunday


肺炎が猛威を振るってる、

憶測に過ぎないが、いろいろなニュースから考えれば、どうも情報が握りつぶされていたようだ。

しかしまあ当たり前と言うかそのぐらいのことは容易に考えられることだ。

あの大きな国では、そうしないと収拾がつかないようなパンデミックになる恐れがあるからだ。

12月の時点で原因不明の肺炎が発生したと報道されていたら、多くの人が国外脱出など、逆にもっとひどい感染拡大の状況になっていたかもしれないのだ。

それにしても日本に急遽帰国した人の中から2人も検査拒否した人間がいて、
またそれを人権侵害の恐れがあるからと黙認した日本の対応の方に問題があるのではなかろうか。


結果的に帰国費用は税金で賄われると言うことになったが、こんな奴帰ってこなければ良いのにと思う、

もしその2人から感染が拡大したら、国民の全てから総スカンを食って下手すりゃ人生終わってしまったかもしれない、

政府も格好の攻撃材料になって野党から突かれていたことだろう。
その後検査を受けたと報じられたが、麻薬でもやってたか、もっと重篤な病気の発覚を恐れたか、本人しか知り得ないことだが、

何とも身勝手な人だ。


多くのフェイクニュースが飛び交っているから、過度な心配と行動は慎むべきかと思うが、

鹿児島県内の使い捨てマスクがお店から姿を消したと報じられている、

県内在住の中国の人が、大量に購入して本国に送っているらしい。

送られたマスクが高値で取引されたなんて話が出なければ良いのだが。


単純な統計を試みてみると、帰国第一便で帰国した人の中から出た罹患者の数で計算すればほぼ2%になる。

武漢の人口がほぼ1000万人とすれば、現在20万人以上の罹患者がいる計算になる。

そのくらいの注意力で、ニュースを読み解いていけば、危険度は推して知るべしだ。


多分医療関係者はそのくらいのことはすぐ考えていると思うが。


先々週、どうも肺炎のニュースがきな臭さを感じたので、取り敢えず、収束するまで2ヶ月と見て近所のドラッグストアでマスクを買っておいた、

どうせ今年は暖冬で花粉の飛散も強いと思ったこともあるのだが、

まだ棚にはたくさんマスクが置いてあった。

年寄りは危機管理を自分でしないといざという時誰も助けてくれない。

まずは皆家族が第一優先だから、
計算して孫に一箱プレゼントした。
奴は毎日新幹線通学だから一番リスクが高い。


日本は今年暖冬で雨が多いので湿度も例年に比べてそれなりに高い、

肺炎に対しては、かなりこの暖冬が助けてくれているかもしれんな。

これでキンキンに冷えて、湿度も30%を切るようだと肺炎で重篤になる患者が増えていたかもしれない。


3月ぐらいまで食べられるように野菜を植えたが、この暖冬で花が咲きそうだ。

今は野菜の価格が急落しているが、この先野菜不足になるかもしれない。

明日あたりから畑の準備を少し早めに始めよう。

これもリスク管理だ。歳を重ねればいろんな経験値が自然と行動に結びつく。
年寄りを大事にしなさいよ。

コメント