ブログメニュー

カレンダー

<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

2020.01.16 Thursday


出水市は鶴が飛来する南限と言われていて、
毎年15000羽ほどやってくる。ほとんどは鍋ツルで全体に黒い、
集まるところは、干拓地の田んぼだが、家の上にも時々見かける。

今日は散歩の途中で我が家の田んぼにかなり多くの群れが集まっていた、
いつもは4羽なのだが、今日はなんと30羽以上いた。

こんな事はここへ来てから初めてだ。
ハルをじっとさせてカミさんとしばし見とれていた。

鶴は越冬地ではかなり近くに人間がいても、驚かないが、
越冬地以外ではかなり用心深い。

こちらが止まってじっとしていたもんだから連中もじっとこちらを見ている様子
かなり遠いのであまり良い画像ではないが、


この後飛び立ってしまった。







鹿児島に引っ越してきた頃2羽の鶴が餌場からねぐらへ帰る時いつも我が家の上を飛んでいたその頃2羽だったのだが、今は4羽で飛んでいる。

家族が増えたのだろう。

それが今日は友人を引き連れて、来たようだ。

出水で鶴がきたなんて話は誰も感心を持たないが、
我が家の田んぼにこれだけのツルが集まるというのは、ちょっとびっくりだ。

今年は何か良いことがあるといいのだが。


午前中以前作った帯留めを整理していた。







昨年までは着付けの先生が持って歩いて欲しい人に販売していてくれたのだが、
ご家庭の事情で鹿児島市内に越してしまわれたので、かなりの数が余ってしまった。

明日近所の着物のお店に持っていっておいてもらえるか聞いてみよう。

帯留めは自分で販売するチャンスが全くないから誰かに頼むしか方法がない。
自分のリスクで作ったものだから、売れなくても仕方ないのだが、せっかくの作品捨ててしまうのは勿体無い。


喜んでもらえる人がいれば、それが一番嬉しいのだが。

ダメならおどりの先生にでもあげてしまおう。

鶴が幸運を運んできてくれるといいのだが。

コメント