ブログメニュー

カレンダー

<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

切り絵

2019.05.27 Monday


随分昔のことだが、鹿児島へ引っ越すことが決まってから、本気で何をして遊ぼうかと、
田舎暮らしの不安に押しつぶされそうになることもあった。
相模原は便利なところで、新宿や都心まで40分ぐらいで出かけられる、

好きだった東急ハンズや美術館、映画館や、仲の良い飲み友達。遊ぶことには全く不自由はないのだが、

母の認知症や、老後の生活など考えて鹿児島に帰る決心をしたものの、
いったいどんな生活が待ち受けているのか、

神保町で読みたい本を買いあさり、さらに遊びに関するハウツー本も買い込んだ。

住み始めてみれば、何も恐れることもなく、毎日が新鮮な刺激で、充実していた。

月に数回仕事の関係で東京と鹿児島を往復していたこともすんなり田舎暮らしに入り込める生活環境だったかもしれない。

そんなときに買った本の中に切り紙の本があった。
久しぶりに引っ張り出して、骨休めのつもりで切り抜いてみた。





お手本の絵をコピーしてアート紙に重ねて切り抜くだけのことだが、切り方に少しコツがあって、オーバーランが必要だ。


少しオーバーランさせないと、角が繋がっていて後で苦労する。

細かい仕事は嫌いじゃないが、いかんせん目がもうしょぼしょぼ、

昔仕事で滞在していたブレーメン、
ブレーメンの音楽隊を切り出してみた。
モビールに仕立てて。
これもまた結構楽しめそうだが、目を何とかしないとあかんな。

それにしても絵が描ければもっとオリジナル作品ができるのに、

絵がかけないのは一生の不覚であった。

コメント