ブログメニュー

カレンダー

<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

桜と、かりん

2019.03.29 Friday


桜の花が見頃を迎えた、






日本人は桜の花に思い入れがあるようだ、
咲き方や散り方に武士道を見るのではないかと思う、
潔さ、そんな単純な言葉では語れない精神性みたいなものを感じるようだ。

桜はちょっと狡いと思うことがある。一度に咲いてぱっと散る、言い換えれば良いとこどり、
咲いている花弁をじっくり見ることはあまりない。
桜並木や公園などで薄ピンクに染まった全体を見て楽しむ、

その下で酒宴を設けてどんちゃん騒ぎ、こうなると精神性もちと怪しくなってくる。

桜の咲く時期にかりんの花も咲く、誰も見てくれないが、俺はこのかりんの花の方が好きだ。









可愛らしい花だ、秋になれば大きな実をつける、

まだ青いうちにもぎ取って、涼しい場所に置いておけば4ヶ月ぐらい、良い香りを放つ、

芳香剤なんて全くいらない、それもとても爽やかで甘いリンゴのようだ。

まあだからと言って桜が憎いわけではない、やはり桜は日本人の心のようなもんだ。

お隣の国ではこの花のルーツは日本ではなく自分の国だと騒いでいるが、

ほんとに低次元の人種だ。ルーツがどこかなんてなんの意味があるのだろう、そのうち日本の桜を全部返せぐらい言い始めるかもしれんな。

怒る気もなくなる、ただ哀れな眼差しを向けるだけで良さそうだ。

美術工芸展のお土産用のミニハウスを作った。







お土産でも手抜きはできない、一つづつ丁寧に磨いておく。
材料はケヤキ

俺のミニハウスは四角い窓が特徴だ、
ドリルで丸い穴を開けただけのものは見かけるが、

味気ない。やはりきっちり作った方が可愛いと思うのだ。

手間は3倍かかるが、自分で良いと思わなければ、人にあげられない。

さて明日はまた何か作ろう。


コメント