ブログメニュー

カレンダー

<< April 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

鯖缶

2019.01.31 Thursday


寒かったり、雨が降ったりすると何となく今日は休息日なんて勝手に決めてサボるくせがついた。

どうもいかんと思うのだが、体がゆっくりしたいとSOSを出しているのかもしれない。

そんな日は食欲もあまりない、幸い朝は普段通りに食べているので、さして心配はしてないのだが。

体を動かさないで、本ばかり読んでいるから、こちらもお腹が空かない理由だろうと、勝ってに解釈している。

例年今頃は体重も下がり始める頃だ、正月に食べすぎた反動で何となくダイエットに拍車がかかる、
結局夏になればまた太ってしまうのだが。

今年は5kg減量に挑戦する。


以前生協のスーパーでレトルトカレーの横にナンが置いてあって、一緒に購入してカミさんと食べたら結構美味しかった。

ところが最近肝心のカレーが置いてないのでナンも買わなくなってしまったが、
別のスーパーでレトルトカレーとナンが並んでいた。

カレーはキーマカレーで以前のものとは違っていたのだが、購入してカミさんと食べて見たのだが、

何ともカレーのまずいこと、
カレーが不味けりゃナン何て食べようがない。

マーケティング的には最低だ。もう2度と買わない。


食欲があまりないこともあって、食べ物の悪口が続くが、

最近鯖の水煮缶詰の宣伝がやたら目につく、健康に良いとか、こうやって食べたら病みつきになったと言った話ばかり、
ところが最近の鯖缶の不味くなったこと、
いっとき何か健康に良いと言った話が流れスーパーから鯖缶がなくなったことがある、

その後出てきた鯖缶あたりからめちゃくちゃ不味くなったような気がする。
粗製乱造というか、まず鯖がうんと小さく、脂が乗っていない、まだ十分に育っていない小さな鯖をとって加工しているのだろう。

不味くなったから色々口コミ風のニュースを流しているとしか思えない。

昔、鯖缶がまだそれほどメジャーじゃなかった頃は、カンズメを開けると缶詰一杯に太めの鯖の輪切りが1つドーンと入っていて、

それにちょっと醤油を一滴垂らして食べる。

何ともこの一滴の醤油だけでご飯が二杯ぐらい食べられたもんだ。


鯖缶を使った料理なんて邪道中の邪道、
精々大根おろしを添えるぐらいが基本だった。

鯖缶メーカは自ら首をしめ始めているようだ。

一時シーチキンから鯖缶に向かった消費者はまたシーチキンに戻り始めたのではないだろうか、

最近大根を太めの千切り、5mm角ぐらいだから千切りとは言わないが、これに塩を少し振って30分ほど置いてから、
布巾に包んで水気をすっかり絞った大根をシーチキンとマヨネーズであえてレモンをちょっと絞って食べる。

これがまた何ともうまく病みつきになる。大根の葉っぱの部分も少し混ぜると彩りもよく栄養価もたかそうだ。

我が家は鯖缶が常備品だったが、またシーチキンに変わりつつある。

しばらくは鯖缶とはおさらばだ。 美味しい鯖缶が食べたい。

コメント