ブログメニュー

カレンダー

<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

倉敷意匠計画室

2018.08.01 Wednesday


迷走台風もやっと方向が定まったようだ、
地球温暖化の影響か、前代未聞の動きをした台風、今までの経験では考えられない災害も起こるのではと、皆 固唾をのんで見守っていたが、幸いさほど影響はなかったようだ。

かえって北風が吹いて、少し涼しくなったのは鹿児島だけだろうか?

当日はクーラーもつけずパジャマを着て寝られた。
長島の上空を通過したみたいだから此処からせいぜい10kmぐらいのところを通過したようだ。

標準的な台風ならこのコース出水にとっては最悪のコースで、雨風とも半端じゃないのだが、







今日はteaspoon 10個ほど削った、明日はちょっと違うものに挑戦しよう。

それにしてもサンドペーパーをかけるのが大変な手間だ、特に全体が曲線だから抑えるのに一工夫しないと、堪らん。
あと凹んだ部分の研磨が難しい、これは何か工具を考えないと、やってらんない。


倉敷意匠計画室というところご存知だろうか、

岡山県にあるれっきとした会社だ、社名が倉敷意匠計画室

各種商品の販売や、書籍、カタログなども販売している。

紙モノカタログという冊子が有り、有料カタログなのだが、こだわりの紙モノが紹介されている。

最近第6巻が発刊されたのだが、第4巻が在庫も無く、以前神保町の古本屋で探したが手に入れることができなかった。

ダメ元で会社の片隅に眠っていないか探してもらったら、なんとか一冊探してくれた。

代金を小為替で送り購入した、今日その本が届いた。








今夜ゆっくり楽しめる。2013年初版だから、紹介されている商品がまだあるとは思えないが、このカタログは見ているだけで癒される。

何度も手にとって楽しんでいる。

商品カタログなど普通は商品説明で終わってしまうのだが、このカタログでは物の説明より、そのものが提案する 「事 」のイメージが伝わってくる、また作り手の作品に対する向き合い方まで伝わってくるようだ。

商品と言うにはもったいなく、作品の紹介である。

この他いくつかのカタログを購入して見たが、本そのものが、アートだ。
いくつか作品を購入して見たいと思う。
4号を探してくださったスタッフの方にお礼申しあげたい。
ありがとうございました。

京都の思文閣出版のカタログも素晴らしいカタログだ。

やはりカタログは紙物に限る。webではこんな感動的な商品紹介は難しいな。
webで紹介されている商品紹介を、ただ紙に印刷したカタログなど手にするほどの価値はない。



コメント