ブログメニュー

カレンダー

<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

teaspoon

2018.07.31 Tuesday


娘の結婚に持たせてやるそうで、teaspoonを頼まれた。

材料は桂の柾目、将棋の駒などを作る、削っていると甘い匂いがする。

同じような白い木でもイチョウはぎんなんの匂い、こちらはあまり良い匂いとは言えないが。

小さな彫り物などには、削りやすい材料だ。
カトラリーなど微妙なカーブが大事だから、ペーパーで1つ1つ研磨、指の先の感触で微妙な凸凹を磨いていく。
あと漆で処理する。







自作の型紙を材料に写し小型のバンドソーで切り出す。

切り出す順番が重要だ、上面を切り出し下が平らなうちに、凹の部分を彫り込む、そのあとで側面のカーブをまたバンドソーで切り出す。

工程を間違えると切り出せなくなる。

小さなスプーンでも結構手間がかかるもんだ。

一般的にカトラリーと総称しているが、本来カトラリーはナイフの意味が強い、
まあ細かいことは抜きにして、ここはおしゃれにカトラリー

いっぱい作っても欲しい人が持っていくのでそのうちなくなる。

夏の暑い日の手作業にはもってこいかもしれない。真冬の凍てついた寒さの時もストーブの側でコツコツ削るなんてのも有りだな

スポーン作りはずいぶん失敗したが、ある日突然開眼した。

次はホークやバターナイフ、少し大きめのスプーンなど作ってみよう。




コメント