ブログメニュー

カレンダー

<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

北風

2018.02.12 Monday


夜のうちはそれほどでもなかったが、明方に雪が降ったようだ。
朝から北風も強く一日中体感温度は極端に低い。
工房の電気ストーブを抱えて、黙々とコースターを彫り込んでいた。
ケヤキは硬いから、彫り込みは綺麗にいく、柔らかい木は逆に毛羽立って彫り込みにくい。
それでも逆目に入れば綺麗には彫れない





コーナーのところは逆目に刃物を入れないと彫れないので神経を使うところだ。
彫刻刀を選べば細い雨が降ったような模様が彫れる、太めの刃物で彫れば、鱗のようになる。

木目と相談しながら刃物を選ぶ、表現力が試されるところだ。

結構時間がかかるな、

明日はいくつかできるだろう、漆で処理して見たい、まあいろいろ遊んでみよう、
昨日挫折しかけたが、白百 原研哉を読み続けている。

キラキラ熟語は無視して、本質を見極めたい。さて今夜もまた読書三昧と洒落込もうか。

紅茶は絶対必要だ。不思議と紅茶を飲んでも眠れないということはない。

古い電球を少し暗くして本を読んでいる、どうも蛍光灯は嫌いだ。あの光に当てられて入れば、睡眠リラックスモードにはなれそうにない。

川原さんコメントありがとう、この作品は自分でも少し疑問符がついているのですが、まあやって見て木の美しさが表現できれば良しとしよう、と割り切って作って見た。10枚ほど遊んでみるつもりです。
なんとなくチャライ感じもするのですが。

コメント