ブログメニュー

カレンダー

<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

怖い夢を見た

2020.04.06 Monday


かみさんになんか怖い夢でも見たのかと言われた。

感覚的には一晩中熟睡できなかった気がするのだが、
遅くまで本を読んで11時過ぎにはベッドに入ったが全く寝つかれなかった。
朝方大きな声で、何か叫んでいたようだ。おかげでカミさんも寝不足

夢はかなりはっきり覚えている、
昔西部劇で荒野を枯草が転がっていくシーンを覚えておいでだろうか。

あれはタンブルウィードというれっきとした草なのだそうだが、枯れて茎がぽっきり折れて風に煽られて転がっていくらしい。
そして転がりながら、タネを撒き散らすと言う彼らの子孫を残すための自然に備わった知恵だそうだ。

そのタンブルウィードが自分に向かって転がって来たのだが、なんとそれは無数の小さな蛇であった、田舎に住んでるくせに、蛇はあまり好きになれない、何しろここらにはマムシがいくらでもいるから犬の散歩もこれから秋口までは要注意だ。

大体犬が草の中を歩いて驚いたマムシが後からくる人の足に噛み付くと言われている。
まあそれはそれとしてこのタンブルウィードから小さなマムシがポンポン飛び出しながらこちらに向かって来るのだから相当怖い、
必死にその小さなマムシを棒で叩いて、戦っている夢だ。
それも何度も何度も同じ光景が出てくる。
明け方一度トイレに起きた後の二度寝でも同じ夢を見た。

そしてついに大声で叫んだようだ。

連日コロナウイルスと戦っている医療従事者のニュースが原因かもしれない。
きっと彼らもタンブルウィードコロナウイルスが次々襲って来て寝る暇もないのだろう。

ほんとに頭が下がる。

いよいよ緊急事態宣言を行なったようだ遅いとか、なんとか文句を言ってるる人もいるが、病院の準備や多くの難問がありギリギリ堪えて来たのであろう、
次は自治体の迅速な対応と、自身と多くの周りの人の安全を考えて各自が慎重に対処することだ、

ドテルテ大統領は従わなければ射殺すると言っていた。

ここは日本人の本当の強さを見せるときだ、

懇意にしてる神田の焼き鳥屋さんも、一晩に客が1人と言うこともあるようだ。
震災の時は1週間ぐらいで少しずつ客足が戻って来たと言ってたが。

今回は数ヶ月覚悟しなければならないと言っていた。

風も治ればタンブルウィードも静かになるそのとき集めて燃やしてしまえ、
蛇のタンブルウィードはもう懲り懲りだ、

寝る前には少し楽しい本を読むことにしよう。

全[1010]ページ中[1]ページ目