ブログメニュー

カレンダー

<< June 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

ペンダント

2018.06.23 Saturday


銅板のペンダントが出来た、







なんとなくアートだ。

誰もつけてくれないから、クマにつけてやった。

今日は1日雨、明日は田植えだ。天気の状態を見てからだ、

銅板の扱いも少し覚えたから今度はこれに七宝で細工してみよう、

キルンがあるから結構いろんなことができる。

金属の加工やガラスの加工、結構面白いね。

もう少しアートの基礎を勉強しておけばよかったと今更ながら、思う。

技法はまあ練習すれば、遊ぶ程度にはなんとかなるもんだが、本格的な職人さんには大変失礼な言い方ですが、あくまで個人の趣味範囲なのでお許しを。

芸術的センスばかりは如何ともしがたい。

感性は磨いてできるものではなさそうだ。持って生まれたセンスが必要じゃないかと思う。

結局素人は先人たちの美しいものをたくさん見て、あとは偶然の結果を待つばかりだ。
真似っこといえばそれまでだが、

まあ年寄りが楽しむ程度のことはなんとかできる、


戦後の高度成長経済をがむしゃらに突っ走ってきて、老人となった今マッタリと過ごすこともありじゃね!


カリン

2018.06.22 Friday


枝豆が少し取れた、二回に分けてタネをまいたのだが、

最初に植えたタネがあまり発芽しなかった。それでも田植えの後、皆で食べる分ぐらいの収穫があった。



一本茹でて見たが柔らかくて美味しい豆だ。

大豆を枝豆として食べるのは日本人ぐらいか?

シカゴにいた時大豆ばたけのおじさんに、
柔らかいうちに、すこもらって茹でて見たが、あまり美味しくなかった、品種が違うのか?

今年はカリンもたわわに実が付いてる。



カリン酒は作らないが、今年はカリンのシロップを少し濃いめに作ってみよう、

昨日は夕日が綺麗だった。天気が良ければ毎日見える。

沈む位置がだんだん南にずれてくる、竹やぶに隠れる様になったら秋の訪れだ。











銅板アート、表面を漆で処理して見た。面白い風合いだ明日は紹介できそうだ。
今日は美術部の部会、工芸展の反省会を来月行うことになった、

こういう日を決めるときに人の人格が現れる、

出来るだけ皆が参加できる様に、それぞれが相手を思い日程をやりくりすればいいのに、何かスッキリしない決め方だ。

チャレンジ

2018.06.21 Thursday


一昨日から豪雨、特に夜中の降り方は半端じゃなかった。

あまり風はなかったのか、トマトハウスも何事もなく、きゅうりはチョット大木気味だ。

今日は午後から綺麗に晴れた。
午前中に歯医者に行って先日欠けた歯を入れた、昔のように銀色の歯ではなく、白いプラスティックの様な歯だ、

皆さんからご心配のメールをいただいたが、ありがとうございます、お陰様で何事もなく、朝を迎えました。

午後は耐熱レンガを積んで、銅板アートと洒落込んだ。
銅板0、5mmをカットして、バーナーで溶かす、
バーナーが簡易なものだから、溶けやすい様に少し工夫が必要だ、

バーナーそのものの火力は1500度ぐらいまで上がるが、対象物の厚みが厚かったり、面積が大きければ熱はどんどん逃げてしまうので、溶かしきれない、

そこで熱が伝わりにくい様に切れ目を入れたり、溶けやすい様に細く切れ目を入れたり、薄い銅板を重ねて溶けるきっかけを作ってやることが大事だ。

酸素ボンベ付きのバーナーならもっと簡単にできそうだが、











酸化被膜は10%希硫酸で洗う、その後小型のバレル研磨機に入れて磨く、

結構手間がかかるが、面白い。思った通りの溶断が出来ないが、またそれも面白い。

少しカーブをつけると結構強い。

綺麗なものであれば何にでも挑戦して見たい、ガラスや木、金属など素材にはこだわらない。素人でもできる最低限の装置で工夫しながら、楽しもう。

都会にいる便利さを捨てた、田舎暮らし
大昔から青銅器や鉄器など人は色々工夫して作ってきた、
凄い事だ、真鍮やアルミなどもっと融点が低いから、何かできるかもしれんな。


雨と読書 原田マハ

2018.06.19 Tuesday


しっかり雨が降っている。
ゆっくりと一日中読書

気がつけばこの数ヶ月でしっかり原田マハにはまってしまった。
桃ねーさんの紹介で始まった原田マハだが、

この人の本は最初の数ページで、グイッと脳細胞を鷲掴みにする。
あとは一気呵成

いつも読む原田マハとはまた一味違った、旅のエッセイ?そんな生易しい取材旅行記ではない。
まだ読み始めだが、そのグルメぶりの徹底した遊び方には共感を呼ぶ、
この本を読んで出かける人も多そうだ。下手なレストランガイドなどお呼びじゃないね。


まさに題名通りフウテンのマハだ、

海外の観光客もsnsやインスタなどの情報を駆使して日本人も知らない穴場を見つけて、出かけていくらしい。

この本の海外版でも出たらそれこそ大変なことになりそうだ。




もう一冊原田マハの食べ歩き世界版があるがまだ読んでいない。次に読む予定。
テレビのグルメ番組は見ない、箸も使えないような、レポーターが、何を食べても、甘いの一言で美味しいを表そうとしているのを見ると、嘆かわしい限りだ。

最初に感じるのはそのものの本来の味、甘みはゆっくり余韻のように感じるものだ。

杏子をかじってみればよくわかる、最初の人齧りは、スッパ!半分ぐらい咀嚼した頃杏子の甘みが出てくるもんだ。
さらに大食いなど見たら吐き気がする。
グルメ番組で見るのは孤独のグルメぐらいだ。
これは見ていて本当に食べたくなる。食いっぷりの良さと絶妙な言葉

ずいぶん脱線したが

雨の日の充電中はこんな本が良いね。

梅雨の合間に

2018.06.18 Monday


午前中はカミさんに付き合って生協へ出かけた。

週に一度はカミさんの買い物に付き合う。
というかライフサイクルだ。
1週間保存できるものを買い求める、野菜は今何も必要ないからあとは時々魚屋を覗いて、美味しそうな魚があれば買ってくる、
先日弟が鯵を釣って来たからしばらくは魚と野菜中心の食事だ。

梅雨の合間に釣れる金鯵は出水のブランド鯵だ。

午後はちょっと時間があったのでニコボーズに焼きを入れて見た。





電熱ペンはスムーズに書けるから木のサイドにもバーニングできる。

娘が何か書きたいようだったのであとは娘にバトンタッチ。

コメを精米して東京の息子に送った。

空を見ながらハルの散歩に出かけたが角を曲がった途端に大粒の雨、
大急ぎで弟の玄関先で雨宿り鹿児島の夏はこれだから。

ニコボーズ

2018.06.17 Sunday


てるてる坊主の代わりにぶらせげておいたが、ご希望の方がいて、製作中。
ニコボーズと命名した。




顔をひとつひとつバーニングするので、同じ顔はできない、
時々泣き出しそうな顔も出来る、
なるべくニコニコ顔にしよう。

糸鋸でゴシゴシ切り出す、けやきだから結構硬い。

いろんな材料を試して見たがやはりけやきが一番、

ほっとくと自然といい風合いになる。
来週はずっと雨マークが並んでいる、
ニコボーズに頑張ってもらわないと。
台風は九州を少しそれて熱帯低気圧に格下げになった。

梅雨前線を刺激すれば集中豪雨になってあちこち大きな災害が発生するところだったが、とりあえず一安心。

奄美や沖縄など大変だったようだがそれほどの被害も報告されてないからまあよかったといっても怒られないだろう。
自然災害は自分に災いが降りかからなければ、ホッとするが、直接被害にあう方もいるので、手放しでは喜べない。

昨日はすごい夕日が見えたが今日はどんよりして明日からの雨を予告してるようだ。

千葉県沖の地震が気になる、先ほどまた近くで地震発生と言ってた。

以前の地震でエネルギーかなり放出されたのではないかと思ったが、まだ続くのだろうか。

昨日は桜島が爆発、市内にもかなりの降灰があった様子、雨が降ると大変だ。
カラスが落とした種か、裏庭に数年前から柿の木が育っているが、今年はいっぱい実を付けた。

甘いのか渋いのかまだわからないが、ここらではちょっと油断するといろんな木が生えてくる。

サルスベリも3種類あちこちに育ってる。

ほっとくと大変なことになるが、一生懸命生きているので切り倒すのはなんとも気がひける。

まあ適当に頑張ってみんな仲良く育っておくれ。

sunset

2018.06.16 Saturday


台風は南の海上を北上中だ、











俺は夕日が好きだ、多くの人が朝日が好きだと言うけれど、

朝日なんてあんまり見られない。

それに夕日は明日を約束してくれる。
これからしばらくの静寂の中で好きな本を読み、自分とゆっくり対話して、そして眠りにつく。

そして素晴らしい朝がやってくる。多分

今日は1日工房でルーターのジグ作りだ、

ルーターは結構重いので、しっかりしたジグを使うことで作品の幅が広がる。
ジグ作りは試行錯誤の連続、次々と問題が出てくるけれど、ひとつひとつクリアする時のスリルがたまらん。

ジグを使ってできる作品をイメージしながら、作る。うまくいったときは格別だ。

温度は高いのだが、湿度が低いので、比較的凌ぎやすい。

来週はまた雨が続きそうだが。

今年の梅雨は比較的おとなしいね。
エルニーニョもラニーニャも今はなりを潜めているようだ。

地球は敏感だね。

てるてる坊主

2018.06.15 Friday


我が家のてるてる坊主もにっこり、晴れ間がのぞいた。

夜中にざわざわ降ってたから、空気も洗い流され綺麗な青空がのぞいた。












台風が近づいてるのでいつまでもこの晴れ間は続かないと思うが、

午前中に木造りをした。

フレームをいくつか作る。

午後には3台作って、うち2台を夕方宅急便に乗せた、

やっぱ木工は楽しいね!

迷い無く作業ができる、ガラスや七宝などやはり基本は絵が描けないとダメだ。一念発起して絵を勉強しよう。

読書の時間を少し削るしかないが、まあなんとかなるだろう。

また新たな挑戦が始まるな。

最近なんか物騒な事件が多い、新幹線で隣の奴がいきなり切りつけて来たら逃げられない。
ふてぶてしく、むしゃくしゃしたからなんて、たまらないね。

止めに入った男性も浮かばれない、犯人を刺激したからなんて報道されるようじゃメディアも地に落ちた。

刺激せず女性が刺されるのを見て見ぬ振りをしろと言わんばかり。

日本はいつからこんな国になってしまったのだろう。
さて俺がそばにいたら、やはり止めに入っただろうか、
勇気のいることだな。
特殊警棒でも持ち歩かなければならんのか。

美味しかった

2018.06.13 Wednesday


杏子かじって見たら美味しかった。

スッパと思ったがかじり始めたら、美味しさがジュワーっと、こりゃたまらん、

もう少し熟したら食べちゃお。

久しぶりに寺っちゃん遊びに来た、小さな息子連れだ、

手のひらに乗るようなワンコ、写真撮る暇もなく遊んでた、ハルはブースカ煩い。


1日草払い、夕方トラクター出して隣の空き地をかき回した。

ほっときゃアマゾンになる。誰もいない放棄地

不法侵入もいいとこだが、こっちも生活圏を竹とカズラに責められるから
defenseということで、許してもらおう。

あと数日は天気が良さそうだ。

湿度も50%だから温度が高くてもひやっとする。


今年は果実がたくさんできてるので大きな台風が来るんじゃないかと寺っちゃんが言ってた。

なんとなく説得力あって怖いね!

都市伝説も地元の言葉は結構当たる、
まあなんとか乗り切らないと。



野菜も順調に育ってる












明日もまた少し残ったところを草払い。

杏子

2018.06.12 Tuesday


7年前出水の植木市で落札した。

その時はトサミズキと言われたのだが、
よく見れば葉っぱも花も杏子だよね、

今年春に花がいっぱい咲いて綺麗だなー、と思ってたら、果実が付いているのでびっくり、









ハルと木陰で遊んでいるときに気がついた。




来年が楽しみだな、ちゃんと剪定して大事に育てよう。

調べてみたら定植して7年ぐらいかかると書いてあったから、ぴったりだ。

午前中は頼まれもののカッティングボードを作ってた。
リピーターさんだ。



自分で使うパン皿を作ったいくつか作って使い勝手を、見てみよう。







今日は25度くらいだが爽やかな1日だった。湿度も低くて、肌寒いぐらいの感覚だ。

畑の草払いも半分ほどやった明日もできそうだ、
こんな天気なら午前中結構捗りそうだ、
創作に百姓に植木の剪定に、忙しい毎日だ。


全[133]ページ中[1]ページ目