ブログメニュー

カレンダー

<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

釧路のお客様

2020.01.23 Thursday


出水市と釧路市の文化交流会に展示する絵画などが明日届く、夕方から美術部員も参加して、展示だ。

そんな絵画もやってみると結構梱包など手間がかかる、
絵画を送っていただいた方にお土産として自作のフレームを送ることにした。

中には咲さんの絵をコピーして入れた。
フレーム自体はオリジナルデザインで、折り紙で作った風車のような風情だ。
咲さんの絵は折り鶴だから結構フィットしている。
以前は桃ねーさんにもらったピカソの絵を入れていたのだが、この折り鶴もまた良さげだ。



6人分のフレームを作って、今日梱包した。
喜んでもらえるといいのだが。

今日は暑かった厚手のワイシャツ一枚で散歩に行けばちょっと汗ばむようだ。
一体どうなっちゃうのだろう。異常気象は最早異常とは言えないのだろうか?
政府も誰もこの異常気候にコメントしない。

いつでも何か結果が出ないと動かない、結果が出てからなんか訳の分からないコメンテーターという連中が、テレビカメラの前でもっともらしいことを言っているが、

ああいう連中が一番クズだ。

鳴り物入りで登場した小泉大臣国際会議ではダンマリだったが、石炭火力発電設備の輸出には、賛成できないようなことを言ってるが、

何となくダメだなこいつ。

環境大臣として世界に温暖化問題に対する取り組みを、しっかり発信すべきだろう。

国内の輸出に文句言ったところで、どうにもならない。

親父に比べて小物だな。

嫌われようが叩かれようが自分の信じた郵政改革など実行した親父の背中を見てきたはずなのに。

そう言えば郵便葉書しばらく前に買ったものがあったので使おうと思ったが、増税分を払えという、


新幹線や鉄道の定期などは増税してもその前に購入したものはそのまま使える。
民間のほとんどが、増税以前に契約されたものは、
後から増税分を取るような事はしない。

郵政だけだ。

いまだに親方日の丸の体質が抜けきらないのだろう。
そういえば郵便局へ行っても一度もいらっしゃいませと言われた事はない。
競争環境のない仕事には発展はない、
郵便事業はいずれ退場の方向へ向かっているようだな、

銀行ですら今必死に将来の銀行のあり方を模索している。
お金もカード決済が一般化し、

郵便のような化石はもう先が見えているし、詐欺のような保険勧誘だけしか思いつかないとすれば、

もう時間の問題だな。

近所で一生懸命ミカンを配達しているが、
クロネコの領分に低運賃だけで切り込んでも、長くは続かない、

ポスト投函と言う一番のインフラが活かせてない。
もっと知恵を働かせて、得意な領域をフルに活用するような仕事を考えなければダメでしょ。

年寄りはポストのあるところまで歩いて行くことができない、
さりとてメールなんてわからんし、
子供に何か伝えてやりたくてもどうしようも無い。
ポストに入れるだけではなくポストから持っていくような発想の転換が必要じゃね。

お年寄り喜ぶよ、法律は改正すれば信書の扱いも何か変えられるのじゃないだろうか? 小泉さん郵政民営化を進めたけれど、肝心の本人たちにその意味は全く理解できていないようですよ。

見えない戦争

2020.01.21 Tuesday


久しぶりに読み応えのある本を読んだ。




見えない戦争 田中均日本総研国際戦略研究所理事長という肩書を持つが、
しばらく前新聞やメディアで騒がれた外務官僚と言った方が通りが良いかもしれない。

その過激な発言は時によって右傾化傾向が強いと言われたこともあったが。
日頃メディアで伝えられる情報はともすればオブラートに包まれた薬のようだが、
そういう対外情報で何となく理解する世界情勢の真の姿をこの本は鋭く切り開いてくれるようだ。

200ページほどの本の中身は、かなり深い洞察と自らの経験に裏打ちされたものだった。

一気に読んでしまった。もう一度ゆっくり読み返してみよう、
孫にも読ませてみたい。

この本ではアメリカ、中国、韓国、北朝鮮、について、国家の理念、抱えている諸問題、日頃我々が知り得る情報の一歩深いところを簡潔明瞭に考察している、
読みやすい文体と分かりやすい解説で何か、もやもやしていることがスッキリと霧が晴れたような読後感だ。

日本についても歴代の首相の理念や行動力が簡潔に描かれており、この数十年の世界情勢と共に相関性を持った歴史が描かれていて、実に、なるほど、と納得できた。


さて今日は二ヶ月ぶりぐらいに畑の手入れをした。
草に埋もれた玉ねぎ畑や。春大根の土寄せなど、1日やっていた。
日差しも強く暖かかったが、やはり時折吹く北風は、一月の風だ。

夕方30羽ほどの鶴が頭上をゆっくりと旋回しながらねぐらに帰っていったが、
ここらを回り始めるとそろそろ北へ帰る準備だ
いつもの年に比べてここらを旋回するツルの数が多いような気がする。

鶴は鳴きながら飛ぶのですぐわかる、ゆっくりと隊列を組んで前になり後になりしながら飛ぶ姿は感動的でもある。

しばし手を休めて鶴の姿を追い求めるのは何とも平和な気がする。

さて今日から反日種族主義を読んでみようか。



反日運動の一番激しいこの時期に韓国で発刊され国賊と罵られる場面もあったようだが、
それでも韓国内でベストセラーになったようだ。
ちょっと読み始めてみたがいきなり嘘つきの国民といった言葉が飛び出してきたのにはちょっと驚いた。

この本もしっかり読んでみようと思う。

韓国人が自らをどう捉えているのか、単に嫌韓ですますことには些か、短絡的だ。
彼らの言い分、彼らの何が反日に走らせるのか。まだ自分の中で完全に消化できていない。

与えられるメディアの情報だけで、考えるのは危険だ。
真実を知らなければただのスマホ人間に成り下がってしまう。

氾濫している嫌韓情報に惑わされてはいけない。

孫も大きくなって色々勉強している、誤ったことを教えてはいけない。
一歩でも真実に近づく努力を怠ってはいけない。

2020.01.16 Thursday


出水市は鶴が飛来する南限と言われていて、
毎年15000羽ほどやってくる。ほとんどは鍋ツルで全体に黒い、
集まるところは、干拓地の田んぼだが、家の上にも時々見かける。

今日は散歩の途中で我が家の田んぼにかなり多くの群れが集まっていた、
いつもは4羽なのだが、今日はなんと30羽以上いた。

こんな事はここへ来てから初めてだ。
ハルをじっとさせてカミさんとしばし見とれていた。

鶴は越冬地ではかなり近くに人間がいても、驚かないが、
越冬地以外ではかなり用心深い。

こちらが止まってじっとしていたもんだから連中もじっとこちらを見ている様子
かなり遠いのであまり良い画像ではないが、


この後飛び立ってしまった。







鹿児島に引っ越してきた頃2羽の鶴が餌場からねぐらへ帰る時いつも我が家の上を飛んでいたその頃2羽だったのだが、今は4羽で飛んでいる。

家族が増えたのだろう。

それが今日は友人を引き連れて、来たようだ。

出水で鶴がきたなんて話は誰も感心を持たないが、
我が家の田んぼにこれだけのツルが集まるというのは、ちょっとびっくりだ。

今年は何か良いことがあるといいのだが。


午前中以前作った帯留めを整理していた。







昨年までは着付けの先生が持って歩いて欲しい人に販売していてくれたのだが、
ご家庭の事情で鹿児島市内に越してしまわれたので、かなりの数が余ってしまった。

明日近所の着物のお店に持っていっておいてもらえるか聞いてみよう。

帯留めは自分で販売するチャンスが全くないから誰かに頼むしか方法がない。
自分のリスクで作ったものだから、売れなくても仕方ないのだが、せっかくの作品捨ててしまうのは勿体無い。


喜んでもらえる人がいれば、それが一番嬉しいのだが。

ダメならおどりの先生にでもあげてしまおう。

鶴が幸運を運んできてくれるといいのだが。

冬の朝

2020.01.15 Wednesday


以前落ち葉を作った、その時も美術工芸展に出品したが今回は

冬の朝凍てつく水溜りに薄氷が張っている。
その上にたくさんの落ち葉が重なっていた。
太陽にキラキラと輝いて、尽きた命を送るかのように、それはまた美しい一枚の絵であった。

早速工房で再現したくなって、しばらく前から作っていた。

難しいのは薄氷ただガラスを嵌めただけでも、キラキラして綺麗なのだが、
細かいヒビの入ったガラスを作ることでリアルな感じを出したかった。





ダークグリーンに塗ったパレットに、一枚ずつ貼り付ける。

この細かいヒビを入れるのが一苦労、板ガラスをバーナーで炙って、水につける。

この温度が微妙で、ちょっとした加減で、粉々になってしまう。

その上に板で作った葉っぱを貼り付けていくのだが、
この葉っぱも葉脈や中心の葉脈を作るのが結構手間がかかる二枚の板を斜めにカットして木目を合わせて、さらに真ん中の葉脈の部分にも黒い板を一枚入れて接着すする。
気の遠くなるような仕事だが、そうやって一枚一枚の葉っぱに何種類かの色をつけて、完成だ。

以前作った葉っぱが残っていたので今回はずいぶん楽だったが、
葉っぱ10枚作るのに半日かかる。








今度の釧路市とのイベントで展示する。
馬鹿なことやってるおじいさんが出水にも居るのですよ。


さて今日は朝から人間ドック毎年ドックに通っているが特に変化なし
いくつかの数値は改善されているが、
改善と言っても誤差範囲見たいなもんだ。

まあそれでも特段の異常はなくてよかった。
しばらく焼酎も抑え気味だったが、今日は少し飲もうか。
意味ないか。

未来探し

2020.01.14 Tuesday


友人が未来探しをやっている、まずは短期留学で、自分の一生ものの楽しい仕事探し、
素敵だね。

慌てることはない、そろそろ本気で楽しみながらできる仕事を探したらいい、
安定した生涯設計を考えることも大事だが、この混沌とした社会で、今更一生安全な会社なんて望む方が無理だ。

こんなブログ書いてたら、いく先がセブ島だって。

やばいな、火中の栗を拾うとか、飛んで火に入る夏の虫とか、どうも良いイメージが湧かない、
火山が急に元気よくなったみたいだ。
未来の君に祝砲ならいいのだけれど。
仕事とかチャレンジだったら、やってみろ、ダメら戻ってこいとハッパかけるところだが、
こと相手が自然の猛威ならあえて危険を犯すことない。
さっさと逃げちゃうことだ。自然に抗えないし、
話変わるが、蝋梅が咲いている、良い香りが家中を包み込んでいる。









野牡丹もまだ咲いている今年はやはり暖冬異変だ。

さて話は元に戻るが、

もし2週間の休暇がもらえたら、何をするか?

若いときなら、海外留学なんて真っ先に考えるが、
今の俺が2週間どこかで気儘に過ごしてみろと言われたら、さてどうするか。
なかなか難しいね。

1週間づつ違う街でウイークリーマンションでも借りて、その土地の人と触れ合ってみたいと思う、

夜は居酒屋で深酒はせず、うまいものを食って親父の話を聞いて、次の日の行動を決める、

小さな工房でもあれば体験させてもらう。ジャンルは問わない。

早い話日常とは違うことに触れてみたい、
そこで何かを感じてみたい、学ぶなどと大袈裟なことではなく、異文化に触れてみたい、

もし海外に行くだけの余裕があったら、
一つの街で家具付きのアパートを借りて普通に生活してみたい、
出かけても日帰りかせいぜい一泊、
こんな話じゃ役に立てそうに無いな、あまり効率よく考えずにゆっくりやったら。
自分の未来は語学だけでは無いかも。

釧路から

2020.01.11 Saturday


釧路から文化交流使節団がやってくる。
踊りや太鼓など釧路との文化交流行事が始まる。

工芸部員も作品を持ってくるのでこの人たちのお土産を作っている、
出水市としての歓迎だから特に必要はないのだが、1日早く来鹿してセッティングなど忙しい、こちらも美術工芸部が対応してセッティングを手伝う。

こちらの作品も展示するので何か一体感のようなものもあり、別枠でお土産をつくろうと決めた。

3年ほど前、釧路でお世話になった。

自分の展示作品も補修しなければならないから、結構忙しい。

こういう忙しさは大歓迎だ。


昨日は義弟が釣りに行って小振りの鯵を釣ってきた、刺身にするにはまだ若いので、開いてアジフライ用に加工した。
昨日カミさんと晩飯にいただいて、残りは冷凍庫に。
今日はまた赤ナマコを貰ったので、捌いて、ゆずで食べよう、
今年ゆずが大量に、実をつけたので、いくらでも使える、一度ゆずのジャムを作ってみようか、ママレードの柚子版だ香りが良いので美味しいジャムができるかもしれんな。
暖かい日が続いている、このまま暑くなったら桜は咲きそうにないな。
どうもおかしな気候になってしまったもんだ。

オーストラリアでは大変なことになっているようだ。

昔正月にオーストラリアでゴルフをやったが、暑くて3ラウンドでギブアップしたことがある。
今は真夏だからさぞ暑いことだろう。
コアラも受難だ。

学校が始まって

2020.01.08 Wednesday


今日から学校が始まった、これで大体世の中正常に戻ったと言うことか。


賛否両論あるが、日本の休日は世界でも珍しい一斉休日主義だ。

こんな言葉は造語だけれど、正月休みに始まって5月のゴールデンウイークにお盆休みなどなど、とにかく一斉に休む。

アジアの国で聞くのは旧正月、ぐらいか、まだあるのかもしれないが、あまり聞かない。

欧州やアメリカでは、自主的に一ヶ月ぐらい長期休暇を取って何処かにバケーションと洒落込むようだが、

日本の場合は長期連休でもその多くは故郷へ帰る。

夏休みぐらいは、子供たちの意見が強く海山へ出かける人も多いが、正月やお盆休みとなればやはり故郷だ。


田舎へ帰ってもほとんどレジャーと言えるようなところはない。
それでも故郷だ。

田舎へ帰っても親孝行など特にしない。帰ってきたことが親孝行などと嘯いてるが、

親は親で、忙しい時を迎える、

三度の食事にも気を使い、日頃食べないすき焼きなど、
まあ一年に一度食べるすき焼きも肉は子供が食べて爺さん婆さんはネギや白菜で味だけ楽しむだけだ。

これで親孝行など糞食らえだ。

来年からはもう子供は呼ばずに、爺さん婆さんだけで一番上等な黒毛和牛ですき焼きやろう。

ガキが来るなら一番安いアメリカ産でいいな、

こんなことを言いながら暮れになれば何かとソワソワするのだが。

昔バブルだなんだかんだと馬車馬の如く働いていた頃、人が働いているときに休めば、それだけで置いていかれるような雰囲気だった。


まあ近頃でも、産休取ったら何となく移動させられたなんて話もよく聞く、
結局一斉休日は、安心して休めるシステムで、この国の実情に合っているのかも知れない。

若い人がすぐ辞めてしまうらしい。
人手不足という言葉が先行しているので、仕事はいくらでもあると思い込むらしいが、やりたい事もはっきり見えていないのに、面白くないからというのが理由らしい。

世の中に出たからは自分で決めて思ったように行動すれば良い、

昔はいろいろアドバイスしたが最近はそんなアドバイスはしない事にした。
まあ何でもやってダメならまた転職すればいいんじゃね。

さてそろそろ俺も次のステップへ頑張ろう。

金属加工

2020.01.06 Monday


昨日からアクセサリーを作り始めたが、
考えて見たら我が家には金属加工の道具が全く無いことに気がついた。

大きなドリルもないし、糸鋸とヤスリぐらいしかない、

まだ如何なるかもわからないから、いきなり道具を揃えることもちょっと難しい。
シコシコやって面白そうだったら考えよう、

真鍮版の1mm厚のものを三日月にカットした。
こりゃ結構大変じゃ。

せめて板をカットする道具が欲しいな、
裏に木の板を貼って板毎カットするのだが、
金属用糸鋸刄はあさりがついてないので、木の板が切れないし、結構やばいぞ。


最初に少し難しいものを加工してみると何が必要かわかってくる。

しばらく遊んでみるしかないね。


意識不明の友人如何したかな、明日にでも電話してみよう。

今日たまたま、五百円玉2個お釣りでもらった。

何の気なしに見て見たら平成31年と令和元年だった。こんな偶然珍しいね、
これお守りにとっておこう。

こんなところで運を使ってしまうから肝心の宝くじは当たらない。

孫に言ったら隕石に当たって死ぬより確率が高いそうだ。

買わなきゃあたんねーし、買ってもあたんねー。

コインの年号でも見て運勢をうらなうしかないか。

さて三日月の真鍮板、この後如何すりゃいいんだ。
何も思いつかん。

まずは可能性の探究だ。

仕事始め

2020.01.05 Sunday


世の中仕事始めは明日の月曜日からだが、
俺はサンデー毎日だから気分が乗ればいつでも仕事始めになる、

工房はしばらく人が入ってなかったせいか冷凍庫のようだ、

小さな温風機が一つある、こいつを作業机の下に置いて、足の付け根あたりに向けて温風を吹き出させる、
これがめっぽう暖かい。
足のつけの動脈あたりを温めるのだから身体中を暖かい血液が循環する。ちゃんと理にかなっているのだ。

子供の頃火鉢にまたがって、暖をとった。
また火鉢という火鉢がる、同じように机の下などにおいて使う、これも同じ原理だ。

最も最近はほとんど使われない、練炭や炭火を使うので、そのまま寝て仕舞えば1巻の終わり間違いなしだ。

さて今日は銅板をカットしてガラスと合わせることをやってみた、
銅板をとことん磨いてピカピカにしてみたが、どうもしっくりこない。

少し渋くいぶしてみようか








形も、いまいちだ。
まだまだ進化させないとダメだな。

真鍮版も試してみたい、シルバーや良く磨いたステンレスも美しそうだ。

しかし工房には金属加工の工具がほとんどないから、糸鋸とやすりが主役になる、
ボチボチやろう。
東京の友達から昨日いきなり意識不明になって、救急病院に搬送されたとラインで知らせてきた、
病院のCTスキャンの上で気がついたらしいが、結果はどこも異常がないという事で、もう退院したらしいが、
昼にお酒を少し飲んだらしいが、大した量でもなく、全く原因に思いつかないようだ。

一度大学病院で本格的に調べてみたらとアドバイスしたが、

運転中だったら怖い話だ。最もお酒を飲んだというから運転することはないと思うが、

昨日から風呂場で温風機を使い始めた。
風呂場での事故は結構お多いそうだ。
クワバラクワバラ、今日も俺の部屋は17度だ

我が家では、ストーブの前にでも陣取らなう限り20度は超えない。

一番暖かいのはやはりこたつだな。日本には優れた暖房器具があるもんだ。
もっともフランス人がコタツを土産に買って帰るという話を聞いたことがある、足を長く継ぎ足して椅子で入るらしい。
海外に行けばどこでもスチームで部屋中暖かいが、足を温めるというのは誰でも気持ちが良いようだ。

炬燵といえば去年友人から二本足の炬燵を作れと言われ作ったが、今年も使ってるのだろうか。
前足二本がどうにも邪魔になるそうだ。
如何やら離婚した後、幼なじみと一緒になったというから、なんとなく足が邪魔なのもわかるが。

正月

2020.01.02 Thursday


穏やかな正月だ。

日中外で陽に当たってると暑いくらいだ。

北の国では寒波と雪で大変な様子、レタスは巻かないうちに花が咲きそうだ鹿児島の冬もちょっと異常気象だ。

昨日川内に住んでる弟の子供たちがきたが、出水はそれでも寒いと言ってたから、生活のなれかもしれんな。

確かに今の部屋の室温も17度だから決して暖かくは無い。

それでもセーター着てダウンのベストを着ているだけで過ごせないことはない、決して我慢してるわけでは無いが、最近はこんな生活に慣れてしまった。

これ以上暖かくするとあまり調子が良く無い。

慣れとは恐ろしいもんだ。

元日は義弟のところで新年会が行われたが明日はうちで大人が集まって新年会だ。
派手な食事はいらない子供抜きの話だから、結構盛り上がる。

小さい子供がいれば、話題も選ばなければならないし、子供の話し相手になってやらねばならないので、まあそれなりに大人は気を使いながらの宴会になるが、明日はちょっと気楽だ。

暮れから工房の作業は一切手付かず。
明後日から少し始めよう、最も1月は人間ドックや釧路市との交流会など目白押しで、結構忙しいが、もうあまり頑張らないで、ゆっくりやろう。
性格的に面倒な仕事や、力仕事はさっさとやっつけてしまいたいので、頑張ってしまう。
年齢を自覚してゆっくりやろう。

正月のイベントは明日で終了。

今年は少しアクセサリーの勉強をしてみよう、これはこれで奥が深そうだし、綺麗なものができればいいのだが、

しかしこれは挫折しそうだな、何しろ自分で使う事がない上に、誰が評価してくれるのだろう。

まあ少しやってダメならさっさと撤退すればいい、
命とられるわけでも無い。
ゆっくりやろう。

全[166]ページ中[1]ページ目