ブログメニュー

カレンダー

<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

マグロの気持ちがわかる

2019.08.15 Thursday


京都旅行の疲れを癒すのに台風はちょうど良い口実だったのだが。

何もしないでゴロゴロしてるのがこんなに辛い事だとは思わなかった、

台風はだいぶ逸れてくれたので雨風ともほとんど影響なくごく普通の日常なのだが、一日中降ったりやんだりで外へ出られない。
さりとて傘をさしてまで出かけるところもないし、

なんとなくゴロゴロ、結構これで体の節々が痛くて、

汗みどろになっても動き回っている方が結局楽だ、
汗びっしょりかいてキーンと冷えたビールをクククっと飲む、この方がよっぽど疲れが取れる。

マグロは泳ぎを止めると死んでしまうらしいが、なんとなく気持ちわかるなー。
温度も比較的低くて、仕事すればできるのに気分がイマイチだ。

明日は少し動き回ることにしよう。
どんよりと低く垂れ込めた雲、時折雨、はっきりしない嫌な天気だ。

台風の前に陶芸教室の素焼きは終わっているので、日曜日はまた子供達と釉薬掛けをして過ごせそうだ。

まだこれから本格的な台風シーズンが来る。
気を引きしめなければいけないのだが、どうもいかんな、少し緊張感が足りない。

八月もお盆が終わりなんとなく一年の折り返しみたいな気がする、

十二ヶ月だから7月が折り返しになるが季節感というか、生活感だとなんとなくお盆が折り返しのようだ。

今月はあと二回イベントがある、親子陶芸教室の釉薬掛けが終われば本焼き、
週末は着物の着付け教室で、帯留めなどを紹介する、

わさわさと忙しい。落ち着いたらドービニー展でも見に行こう。

京都美術館巡り

2019.08.13 Tuesday


滴り落ちる汗もなんのその、京都美術館巡りは続く、









2日目はまず京セラ美術館へ。
日本の大手企業は、美術品の収集がステータスのようになってるようだサントリー、アサヒビール、結構名品の収集が多い。
京セラは企業イメージもあってかガラスや陶器の収集品に良いものがあった。
あさひ山荘美術館は小高い山の中腹にもともと別荘として作られた、ところに美術品の展示をしていた、作品は写真撮影できないので紹介できないが、

ジョアンミロの彫刻が展示されていたが、なかなかのものだ。

作品は女性、鳥など奔放な作風で見応えがあった。

二日間で五つの美術館と博物館、伝統工芸館など駆け足で回った。

京都の古都のイメージは、美術館などがよく似合う、

以前鎌倉でも感じたが、鬱蒼とした緑の中にある美術館はその佇まいから漂うなんとも言えない荘厳な雰囲気に包まれて、気持ちが落ち着くものだ。

次回はゆっくり滞在してじっくり楽しんでみたい。
それにしても季節を選ばないとダメだな。

なんとも暑かった。

京都へ出かけた

2019.08.10 Saturday


孫の引率の名目で京都へ出かけてきた。
美術館や見るものが山ほどある。本当は何週間か滞在して京の文化にゆっくり浸りたいのだが、

今回は孫のお供で一泊2日の旅だ。それにしても、めちゃくクチャ暑い外気温は38度を軽く超えている。

五分も外を歩いていると全身から汗が滝のように、

危険を感じて移動はタクシーを使って美術館から美術館へ。
京都近代美術館周辺に集中しているので、10分ぐらいの移動でかなりみれるがこの10分が曲者だ。

見えているところはタクシーも使えず、歩いていくしかないのだが、





細谷美術館ではタラブックスのゴンド芸術をやっていたが素晴らしかった。

珍しく写真撮影も許可されていたので、夢中で写真を撮ったが、













ぜひチャンスがあれば見ておくことをお勧めしたい。



世界にはまだまだ美しいものがいっぱいだ。

水分補給とクーリングでお隣のお店で宇治金時を頂いた。



この後三十三間堂と博物館へ、移動




ここは撮影禁止だ。河井寛次郎の陶芸やお宝をゆっくり鑑賞。

そろそろ京都大学に戻らないと、まだまだみたいものがいっぱいあったが、取り会えず大学に戻るが、

この後驚愕のミクロの美に遭遇することになった。

高校の先生の特別の計らいで

京都大学生物学の研究室で話を聞くことができた、
話の内容は研究に差し支えてもいけないので、公開されている映像を使わせてもらう、



ミクロの世界、
浮き草の雌しべと雄しべ、残念ながら、俺の肉眼では判別が厳しかったが、言われてみれば何と無くそれっぽいところは確認できた。

本人の了解はとってないがインスタにアップされていたので、使わせていただいた。

子供たちも目を皿のようにして見ていた。


こう追うものは実物を見るチャンスは一生のうちでただ1回だろう。

先生の話も素晴らしかった、最後お話の中で現代は情報が溢れている、問題は情報の先にあるもの、未知世界が大事なのだと。


子供たちも早くこんなところで勉強したいと話していた。
明日はアサヒビール大山崎山荘美術館へ行こう。

台風8号

2019.08.06 Tuesday


この夏初めての台風来襲、割と小粒だが直撃食らえば結構きつい感じだ。

出水も予報では、夜半過ぎにかなりの雨風が通過するようだったので、家の周りを片付けて、野菜も支柱にしっかりと固定した。

実際は北へ10kほどずれたようだったので、ほとんど雨風とも大したことはなかった。
畑にはちょうど良いお湿りで、野菜も生き返ったようだ。

しかし直撃を食らった地方は何か被害が出ていなければ良いのだが。

続いて9号10号と目白押しだ。


前日の夕方面白い雲がいくつか見えた。
台風の影響もあってのことか、飛行機雲の変化した後や入道雲からちぎれたような雲が紺碧の青空に浮かんでいる。
自然のなせるアートだ。





今日は午後割と涼しく、久し振りに工房で作業した。

ここしばらく雨や暑さのせいで工房に行かなかったが、1週間もすれば体がウズウズしてくる。

水筒を持って行こう、

ハルの散歩は少し早めに出かけた、随分トイレを我慢していたようだ。

帰りにトマトを一個パクリと食べて、さっさとクーラーの効いた部屋で寝てしまった。

京都へ

2019.08.03 Saturday


孫の付き添いで、京都へ行くことになったのだが、
孫達は京都大学のオープキャンパス、
一泊してあくる日は、京都観光ということになった。

孫達が選んだのは、金閣寺、まあこれは定番だけど、北野天満宮が次のコース、いよいよ神頼みか?

まあなんでも頼めるところは頼んでおくに限る。

同じ大学を目指す親友と2人で北野天満宮でお守りでも買って来るつもりか?
可愛いもんだ。

そして本願寺だそうだ、俺はまああまり離れないところの美術館でもみてこよう、

最近京都も物騒になった、京都アニメーションの事件は、なんとも痛ましい事件だ、
仕事場も一箇所に集中しないで分散してあらゆるリスクに対処しなければならないのか。
経済用語ではカントリーリスクヘッジと言うが、

お隣の国でも大変な騒ぎ、激情型国民とにかく大声で威嚇する国民性、

何かに気持ちをぶつけていなければ、ならないほど将来に不安を感じていると言うことだ。
日本も堪えに堪えた末の決断だから、大概のことは想定内だろう、
粛々と行うことしかないだろう。

愛知では物議をかもす展示騒ぎ、芸術や表現の自由を声高に謳い上げるのも自由だが、
多くの国民が不快感を感じるような、展示はやはり自重すべきだろう。

この暑さで皆ちょっと参ってるのではないか、
それにしても暑いね。連日の猛暑クーラの前でゴロゴロしてる生活はもう飽きた、運動不足で体重の増加も止まらない。

さて京都行きの計画を練った、ちょっと足を伸ばしてサントリーの美術館へ行ってみよう。どちらかと言えば、近代美術の方向だ、

後、京都ならではの美術館を二、三探してみよう。
台風が心配だが、なんとか乗り越えられるだろう。

パソコン復活

2019.08.01 Thursday


以前から調子の悪いパソコンが遂にダメになったので全てのデータは無くなることを覚悟して、一度初期化した。

購入後に入れたソフトは全てゴミ箱に入ったようだが、

奇跡的に初期化することで、一応パソコンとしては復元した。
然しですよ!

DVD ROMは以前から動作不能な状態だったので、
新たにソフトをインストールすることもできない。

捨てるか!と考えたが、音楽転送用に以前購入した外付けのROMリーダーをつないでソフトを転送してみたら、
オー!感動なんとソフトのインストールができた。

捨てる覚悟でやってみればなんとかなるもんだ。

おまけにですよ。データは元気に格納されていて、
ソフトに戻ってきた。

わー、

いくつかのデータは行方不明だが、なんとも嬉しい。

暑くて外へ出られなかったので、クーラーの効いた部屋でゆっくりやってみればなんとかなるもんだ。

このところ出費が多かったので、パソコン新規購入などちょっと無理だと諦めていたのだが。

今は大概のことはアイパッドでやっつけてしまうのだが、
表計算や、パワーポイントなどは新たに購入しなければならず、
パソコン頼みだった。

暑くて外に出られないこともまあこんなメリットもあるもんだ。

それにしても暑いね!
消防署からは年中熱中症に注意せよと放送がある。

室内にいてもクーラーかけっぱなし、先週クーラー交換しておいてよかった。




雷鳴

2019.07.31 Wednesday


夕方散歩に出ようと思ったら遠くで雷鳴、かみさんはさっさと諦めて風呂に入ってしまった。
枝豆取りにでたら大粒の雨がポツリ、
一雨来て欲しいと思ってるのだがどのくらい降ってくれるのか、結構空振りも多いから。

昨日野菜に水をまいたが、今日はもうパサパサの土だ、
ナスの根回しが微妙なところだもう少し待とう。

枝はだいぶ落としたので水不足でも問題なさそうだが、

トマトがやっと終わりに近い。

よう食ったな。冷やしトマト毎食食べていたから、大変な量だ。

水不足か枝豆の入りが悪い。

かみさんは美容院へ俺は床屋へ。
かき氷のようなテクスチャーのガラスに挑戦中、
これがなかなか難しい、溶ける寸前で止めなければならない。

外は35度工房はさらに3度くらい高い。
冷風機を回してもほとんど効果なし。お盆過ぎなければダメかな、

ファンスーツ

2019.07.30 Tuesday


ファンスーツなるものを着て農作業をやっている。

いやこりゃ結構いける、一時間でギブアップだった農作業ついつい三時間ぐらいやってしまい、

これは逆に熱中症に危険かもしれない。

涼しいと言っても、頭は別に冷えるわけではないから、
やはり二時間ぐらいを限度にしてやろう。

35度位まで上がっているから、作業が終われば絞るような汗。

水を15分ぐらい被って、全身を冷やす。
ペットボトル一本は一気飲み、後は黒酢を薄めたものをゆっくり飲んで体を芯から冷やす。

爽快と言えば聞こえが良いが、ぐったりだ。

昼食後はゆっくり30分ぐらい昼寝して、室内工房でガラス作りだ

今回ずいぶん新しいことに挑戦して楽しんだ。





リボンを止めたような帯留め作ってみた。

結構大変な行程になるが、
温度管理や、ベース素材など、結構ノウハウが蓄積された。


表面のテクスチャーをザラザラにするテクニックもマスターした。

これもまたいつか紹介できそうだ。

暑くて外の工房にいけないが、その分涼しいところでの仕事もまた結構楽しい。
まだまだ暑さが続きそうだ、
先月植えたキュウリが実を付け始めた、

最初のキュウリは終わってしまったが、うまく繋がった、
これでまた一月ぐらいは新しいキュウリが食べられる。

トマトもそろそろ終わりだ。

サルサの瓶詰めもまだあるので、残りは冷凍しておこう、

枝豆の実入りがあまり良くないがなんとかなるだろう。

夏休み親子陶芸教室

2019.07.28 Sunday


恒例の夏休み親子陶芸教室を開催した。
美術工芸部の有志が子供達と陶芸を楽しむ、

美術工芸部も高齢化は、ますます進みこのままでは将来に何も伝えることができないと始めた、夏休み親子陶芸教室も今年で三年目だ、

親子連れで、朝から始める、子供達の目はいつもキラキラ光っている。

毎回初めての人もいれば去年やって面白かったと言う子供も含めて、
ワイワイ半日でいくつかの作品ができた。











教室はクーラーが入ってないから結構暑い、時々水分補給タイムを入れて、
楽しんだ。

持ち帰って私の窯です焼きをする、
来月には釉薬をかけて本焼き八月の終わりには皆に渡せる。

宿題で学校に出す子もいるだろう、多くの子供達が興味を持ってくれるといいのだが。

他の美術協会のメンバーも、こう言うイベントを企画してのちの世界につなげてもらえるといいのだが。

酷暑

2019.07.26 Friday


ここ数日、午後は室内でじっとしている、
猛烈な暑さで、即熱中症間違いなし、室内にいても熱中症になりそうだ。
昨日工具屋さんに出かけたとき展示処分品でファンスーツを持っていかないかと言われ、即購入、
夜中に充電しておいて午前中の草払いに着てみた、
いや、思ったより涼しい。以前から気になっていたのだが、結構な価格だし、どれほどの効果があるのかわからなかったが、
近所の工事現場で着ている大工さんに様子はどうかと聞いてみたら、涼しいですよと言うことだった。

午前中でも一時間も外で仕事をしていれば、頭がクラクラするほどの暑さだが、
このスーツを着用してみたら、めっちゃ涼しい。

背中にファンを二つ背負っていて、スーツの中を風が通り首筋から抜けていく。
生地も紫外線赤外線を反射して通さないのだと言う。
洗濯はできないから使用後はよく拭いておかなければダメだが、真夏の作業には欠かせない 義弟にも一着注文した。

最近田んぼは、ほとんど弟がやているから、熱中症にならないようこれを着てもらおう、

ハルの散歩も5時過ぎに出かける、ハルも30分もすれば、だれてくるようだ。
昼間、庭に出てもすぐ家に入りたがる。何しろ夏でも毛皮着てるし、おまけに散歩の道は照り返しがあって暑そうだ。
冷夏なんてどこへ行ってしまったのか、フランスのパリでも40度を超えたと報道されていたが、
ここしばらくはジッと耐えるしかないな。
おかげで読書が出来るけど、二階の自室は30度を超えている、活字に集中できない。ぼーっとするしかない。

台所で食事の支度を手伝うがこれも火を使うから汗だくだ。
三度の食事作りも重労働だ。明日はどこか涼しい蕎麦屋にでも昼飯を食べに出かけよう。

全[159]ページ中[1]ページ目